こんにちは。wonder boy です。

今回は、自己改革編考える力の4回目、考える力も
今回にて終了になります。

テーマは、「アウトプットと図解」です。
ちなみに前回は、どんな出来事でも価値あるものに変える方法
について解説しました。

あなたが学生だった頃、先生が黒板に書いたことを
そのままノートに書き写したり、あるいは教科書に
マーカーで線を引いたりしていたと思います。

しかし、ただ書き写しているだけでは、
考える力は鍛えられません。

なぜなら、それはアウトプットとは違うものだからです。

では、どうすればよいのか?
それを今回は解説していきます。そろそろ本題に入って行きましょう。

学びを問いにして発想を拡げていく

あなたが本を読んでいて、「夢を叶えるためには、行動力が大切だ」
ということを学んだとします。

そうしたら、ノートに「夢を叶えるためには、行動力が大切」
とメモをするだけではなく、そこから一歩突っ込んで考えるのです。

私には行動力があるのだろうか?
あるとしたらどのくらいのものなのだろうか?
〇〇◯(あなたのライバルの方の名前など)と比べてどうだろうか?

このように考えるだけで、考えが大きく拡がっていくのがわかると
思います。今までは行動力が私には足りなかった。じゃあこうしたら
行動力が身につくだろうな 

というふうに考えがブレイクダウンしていくのがわかるでしょう。

インプットとアウトプットの適切な割合

本を読んだり、セミナーに行ったり、あるいは学校で
何かを学んだら、当然ノートに書き留めると思いますが、

ノートに書いたことの4倍問いかけるということをやって
いくのが良いです。

どうやって問いかけるのかに悩む必要はありません。
問う力については、あなたはもう知っているはずです。

参照:自己改革編:問う力を身につけよう
人生を好転させる自問自答の方法
未来を作り価値を生み出す言葉
モチベーションを上げる言葉と未来から逆算させる言葉
他者を圧倒して成長するための言葉

私は普段、PDFや音声などで学習することが多いですが、
インプットしたら、その4倍考える(思考)するように
心がけています。

最初はアウトプットは2倍くらいにしていたのですが、
やはりアウトプットってなかなか難しいのです。

インプットは誰でもできます。しかし、アウトプットはそもそも
している人が少ないです。ですから、あなたがインプットしたことの
4倍アウトプットすることで、考える力はどんどん身についていきます。

インプット:アウトプット=2:8 くらいの割合が理想です。

理解力=図解力

思考力を高めるためには、図解できるようになろうとは
良く言われますが、まさにその通りです。

図解が苦手な方は1冊、図解について書かれた本を
読んでみるとイイと思います。

なぜ図解できた方がいいのかというと、
要は図で説明できないことは、理解がしっかりできていない
からなのです。

何かを学んだ時に、そのまま言葉でメモするのではなくて、
図にしてメモしておくことで、抽象的なものが具体化され
ます。

また、頭の中でイメージできるかどうかも重要なことです。
私は職業柄多くの学生と接しますが、勉強の習慣が身についている
学生もいれば、身についていない学生も多くいます。

何百人、何千人という学生と接してきた中で、学習習慣が
身についていない学生の多くは、そもそも勉強をしている、
集中している自分をイメージできていなかったのです。

自分の頭の中ですらイメージできていないのに、
現実世界で勉強に集中できるはずがありません。

逆に、頭の中でイメージさえできてしまえば、
何でもできるということです。

あなたの目標が達成できるかを頭の中でイメージして
それができないのなら、イメージできるまで
深く思考しましょう。

「行ける!」とイメージできれば、もうあなたの
目標達成は目の前です。

これで、考える力については終了になります。
次回からは、決める力についてです。
頑張っていきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします