こんにちは。 wonder boy です。

このブログを見に来てくださっている方は、
ネットビジネス関連の方ばかりでなかなか一般の方
からコメントが来たりすることは、ないんですが、
今日久しぶりというか、はじめてかもしれません。

英語講師の方からメッセージをいただきました。
ありがとうございます。

実は、講師(英語だけでなく)の方も読んでいたり
するんでしょうか。

さて、そろそろ本題に入っていこうと思うんですが、
これは、特に英語っていう言語(教科)を教えている人は
わかると思うんですが、「これ英語で何て言うの?」って
質問してくる学生、子ども達ってけっこういるんですよね。

最近あった質問でなるほど?困らしてくれるやん!
と思ったのは、
「投げやり」って英語で何て言うの??
という質問です。

なるほど、いい所ついてくるな~と思ったんですが…
英語関連者の方々何て答えますか。即答で。

難関大学の入試を乗り越えた人達でも、けっこう苦戦
したりするんじゃないかなと思います。

僕がとっさに出したものとしては、not serious でした。

ちなみに、not serious だと真剣ではないという意味だから、
投げやりとニュアンスは似ているね~ということで合格点
は貰えます。

ネイティブの友人に聞いてみたところ、75点くらいだそうです。
まぁ、とっさに出したものとしては、これくらい取れれば十分
じゃないかなと思うと同時に、俺英語できねえなぁ~と
自己反省ですね。

でも、これでいいんですよ。
言語学習に完璧などない。

僕はそう思っています。

これを友人達に話すと、いくら努力しても完璧にはなれない。
なのに、よく仕事にまでして、そんなに頑張れるねと言われます。

でも僕にとってはそれは当たり前で、
常日頃思っていることがあります。

それは、世界には完璧などというものは存在しない。
ということです。

僕の好きな漫画にブリーチという漫画があります。
その中に涅マユリという科学者が出て来るのですが、
彼がこんな発言をしています。

完璧であれば、それ以上は無い。
そこに創造の余地は無く、それは知恵も才能も立ち入る
隙がないと言う事だ。

我々科学者にとって、完璧とは絶望だよ。
(中略)
今まで存在した何物よりも素晴しくあれ、
だが、決して完璧であるなかれ。

これは、まさに僕にとって名言なわけですが、
彼の言う通り、完璧な状態になったら、それ以上
自分は進化することがなくなってしまう。そう
考えると、ある意味完璧というのは絶望と同じなんです。

僕は常に完璧な授業なんてできないと思っています。
だって、進化し続けるからです。

学生には君たちは毎日進化し続けろと言っています
からね。そんなセリフを言っている僕自身が退化していたら
やばいわけです。

これはビジネスでも同じだと思っていて、「影響力の武器」と
「プロパガンダ」読んだら、ライティングはOKとか言っている
人いますが、僕はそんなので、完璧になるわけないと思っています。
もちろん必読書であることは認めておきますが。

結局僕達がやらなきゃいけないことというのは、実直に
自分の腕を磨き続ける。これに尽きるのではないでしょうか。

そして、クライアントの方がいるのならば、
彼らを成功に導くってことだと思います。

完璧などない。だからこそ、腕を磨き続けましょう。
学び続けましょう。進化し続けましょう。
そして、簡単には辿り着けないステージ
に昇っていきましょう。

PS.
you tube で 「マユリ ザエルアポロ」とかで
検索すると、上で紹介したシーンが出て来ると思います。
ぜひ、見てみて下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします