こんにちは。wonder boy です。

今回は考える力の3回目になります。

テーマは、どんな出来事でも価値あるものに変える方法です。

前回は、時間軸をずらすことについて紹介しました。

辛い経験というのは、誰しもがしたことがある
経験だと思いますが、普通は辛い出来事というのは、
マイナスな経験だと思うでしょう。

しかし、その出来事の本当の意味を考えることで
一見あなたにとってマイナスな出来事でも
実はあなたに価値を与えてくれた有意義なものだと
考えることができるようになります。

成功哲学が書かれた本を読んでみると、
全ての出来事には意味がある
と書かれていることが多いです。

これを知って、あ~なるほどな確かにその通りだ
と思っているだけでは意味がありません。

どのような意味があったのかを考えなければいけないのです。

私にとってあの出来事はとても辛いものだった。
でも、本当にただ辛いだけだったのだろうか?
私にとってあの出来事とはどんな意味があったのだろうか?

このように考えることで、例えばもっと人と誠実に
接しなければならないと感じた

などのようにプラスの意味を見出すことが
できるはずです。

また、マイナスな出来事(失敗など)に対してだけ
意味を考えるのではなく、プラスの出来事に対しても
同様に意味を考えてみると良いです。

マイナスな出来事、失敗した出来事から意味を考える
ことができる人はいますが、何かがうまくいったときに、
人は嬉しさで胸がいっぱいになり、「うまくいった意味」
を考えようとしません。

これからのあなたは、何かがうまくいったときに
ただ喜ぶだけではなく、どうして今回はうまくいったのだろうか?
と冷静に考えてみてください。

失敗した経験からだけではなく、成功体験からも意味を
学び取れるようになれば、あなたは次々に成功していく
ことができると私は自負しています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします