こんにちは。wonder boy です。

今回は、インターネットマーケティングについての記事になります。
返報性の原理といえば、ネットビジネスをやっている方であれば、
聞いたことがないわけがない言葉だと思います。

この有名な書物『影響力の武器』にも書いてあることですね。

詳しくは上記の書を読んでいただきたいのですが、簡単に言ってしまえば、
返報性の原理とは、相手に貸しを作ることでお礼を返させることです。

人間って他人から何かをしてもらうことで、お返しをしなければならなく
なる習性があるのですが、この心理をうまく活用したのが、返報性の原理です。

あなたは、このような経験がないでしょうか?無料で何かを施してもらうことで、
「あ〜無料でここまでやってもらって悪いな〜」そう思ってしまい、
その店で売られているものを買ってしまう。

女性の脱毛を例に取ると、脇を脱毛したいと望んでいる女性の方は一般的に
多いと言えます。で、実際に調べてもらうとわかるのですが、脇の脱毛はかなり
安価な値段(もしくは無料)で処置をしてもらうことが可能です。(wonder boy 調べによれば)

そして、何度通ってもほとんどお金が取られないために、
いつも無料でやってもらって悪いなと感じるようになり、
そのエステで売られている商品を購入してしまうのです。

あるいは、スーパーマーケットなどで行われている試食もそうでしょう。
試食コーナーを担当しているおばちゃんを研究しているとわかりますが、
ボンボン商品を売る人は、とにかく食べさせようとします。

「これもどうぞ、これもどうぞ」的な感じで。

その結果、無料でこんなに食べさせてもらったし、1個ぐらい買ってあげよう
そうお客に思わせるのです。もちろん、試食コーナーのおばちゃんが返報性の原理
をわかった上でやっているのかはわからないですが…。

返報性という見えない力の威力

上記の例からもわかる通り、人間には相手から
何かをしてもらったら、お返しをしなければならないという
想いが勝手に湧いてきてしまう。

この見えない力こそが、返報性の原理であり、インターネットマーケティング
における最強の戦略なのである。

とにかくcontributeしまくる

これが最も効果の出る戦略なのだと僕は思っています。

contributeの重要性については、前にもブログで書きましたね。
人脈の作り方で悩む社会人、就職活動を始める大学生へ

試食コーナーやエステの場合は人件費や食材費などがかかってくるが、
ネットビジネスにおいては、コンテンツをいくらネット上にあげてもかかる
費用はほとんどない。(サーバー代などは除く)

であれば、この返報性の原理を利用して、contributeしまくるのがいいでしょう。

contributeする方法

では、ネットビジネスにおいてどのようにcontributeしていけば
いいのでしょうか。

無料で提供できるコンテンツを作る

あなた自身のサービスや商品の中から無料で提供できるコンテンツ
を考えることがまずは、大事になります。

そして、いや、提供できるコンテンツなんかない!と
そのように思うのであるならば、何か学ぶ必要が出てきます。
そして学んだことをコンテンツにしていけばいいのです。

無料コンテンツを提供する

無料のコンテンツができあがったら、そのコンテンツを
あなたの見込み客に提供すればいいのです。

あなたのサービスを販売する

見込み客がある程度集まったところであなたの商品や
サービスを販売していきます。

この3ステップを踏んでいき、このシステムがうまく回れば、
あなたのサービスが素晴らしければ、半自動的に収益をあげていく
ことが可能となります。

「コンサル」って募集してないんですか?もしこのように見込み客から
聞かれたのであるならば、あなたのビジネスやサービスは大きく広がって
いくでしょう。

ということで、返報性の原理をうまく利用していきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします