こんにちは。wonder boy です。

今回は、人脈作りについて、記事を書いていこうと思います。

人脈って何だろう

そもそも、人脈って何なんでしょうか。

社会人の方で、多くの名刺を集めることにやっきになっている
人がいますが、あれ自体は、何の意味もないことで、
人脈にはつながりません。

私も一時期やっていたので、わかるのですが、やっぱり有名な方
の名刺を持っているって嬉しくて、何か自分が凄く見えてきます。

でも、それって完全に自己満足なんですよねぇ~。
マジ意味ない。汗

あるいは、大学生の場合は、就職活動等で、OB・OG訪問をたくさんして、
名刺をたくさん集めて、他の人に自慢する人がいたりしましたが、
(自分が大学生だったころ)今もそういう人はいるんでしょうか?

その名刺を集める行為自体も、まったく意味が無いです。

もし、僕がやるんだったら、凄く入りたい企業があるとして、
徹底的に圧倒的にやって(100枚くらい?)、
面接会場に、その名刺ホルダー持ってって、
「私は、今面接に来ているどの学生よりも御社のことを知っています。」
みたいな感じでアピールしたりすると思います。

コレに勝てる人はなかなかいないはず。

まぁ、とにかく単なる名刺集めは意味ないんで、
やめましょうってことです。

僕の考える人脈とは、お互いに情報交換したりもそうなんですが、
高い目標に向かって一緒に成長していける仲間

っていうような感じです。

では、僕が考える人脈を作っていくために
必要な考え方について、お伝えします。

Contributionにコミットする

Give & Take

ギブアンドテイクなんていう考え方がありますが、

これは、一番最悪なので、やめましょう。

自分はこれだけ提供した、ギブした、
だから、それに相応する分を取らせろ、
テイクさせろという考えで、最低です。

こんな考え方をしている場合は、マインドを改めた方がいいです。
そんな人には、誰も寄り付かないです。

Give & Give

それから、次に、ギブ・アンド・ギブという考え方。

僕も一時期、とにかく、相手にギブしてギブしてギブしまくる
のが、大切なんだと思っていましたが、

よくよく考えると、何でもかんでもギブしとけばいいや
(いつか見返りがくるだろう)
みたいな考えが見え隠れしているような感じがして
ギブ・アンド・ギブという言葉を使わなくなりました。

だから、contribution

今、大切だと思っていることは、Contribution(貢献)です。

自分の見返りなんか気にもせず、とにかくこの人に対して
自分は何が提供できるのだろう、貢献できるのだろうか
と考えて、ひたすらcontributeし続ける。そんな人に、
多くの人は、ついていきたいと思うし、話をしてみたい
と思うし、仲間になりたいと思うんです。

当然、信頼関係を構築していくわけですから、
時間がかかります。短期間で、関係が構築
できることなんてありません。

自分に何も返ってこなくたって構わない、
とにかく相手に貢献してみませんか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします