こんにちは。wonder boy です。

Youtubeを使ったアフィリエイトを実践している方は多いですよね。
インフォトップの商材ランキングでもYoutubeを使って稼ぐ方法を
教えてくれるハンモックYoutuberが1位、2位にランクイン

していることからも、多くの人がYoutubeを使った稼ぎ方に
注目しているというのがわかります。

そして、Youtubeに関しては、年末にまとめた記事で
何かしらの制裁が行われるのではないかという話を
してきました。

2015年はYoutubeに制裁!?

そして、現在制裁とまでは言わないまでも、
少し広告収益に変化が起きているのを
ご存知でしょうか?

Youtubeのアフィリエイトって、Youtubeに
広告を掲載して稼ぐわけですが、その収益って

だいたい再生回数÷10 というふうに言われています。

つまり、10000回再生されれば、だいたいおよそ1000円
くらいということになりますね。

その広告費が、約4分の1~半分くらいになって
しまっているのです。

現在、私はYoutubeアドセンスを本格的には
行っていないので、実際にデータは取れていないのですが
多くの方がそのようなことをおっしゃっています。

転換期とまでは言えませんが、おそろくここから
さらに何か起こってくるのではないかと思っています。

広告費が落ちたことに関しては、アフィリエイトをする人間が
増えたからというわけではなく、広告効果を考えてのことの
ようです。

広告を出すためには、当たり前ですが広告費が必要です。
そして、なぜ広告を出稿するのかといえば、自社商品やサービスへの
申し込みを少しでも多く取るためです。

ところが、例えば再生回数が多いからといって、
その動画からの広告のクリック並びにサービスへの申し込みが
多いのかというと、そういうわけではない!ということが
はっきりしたんだと思います。

また、2014年は、Youtuberにスポットがあたり、
テレビCMだけでなく、渋谷の駅のところにもでっかく
広告を出したりしました。

Youtuberでは、ヒカキンさんが有名ですが、彼の動画を見ている
方の多くは、小学生らしいです。

となると、ヒカキンさんのチャンネルで商品を紹介されても
小学生は購入しないですから(基本的にお金を持っていないので)
意味が無いと思われたり、広告に関してもそうで、
小学生がYoutubeで流れる広告のサービスを購入するかと
言われたら疑問しかありません。

であれば、広告出してもしょうがないでしょ〜という流れなのではないかと
個人的には思っています。

この件に関しては、Googleが公式な見解を出していないので何とも言えない
ですね。

まぁ、いづれにしても、トレンドブログが流行ったことで、
価値のないブログが多数生まれてしまったことで、
Googleは、手動ペナルティなどを導入しました。

それによって真っ当に記事をしっかり書いてきた人には
恩恵が受けられるような形になりつつあります。

そのような形でYoutubeも変わる日が来るのではないでしょうか。
そうでなければ、2ちゃんまとめサイトなどのコピペが
スクロールして流れる動画がどんどん増えてしまいますからね。

混沌とした世界はもうじき終わる日が来るのだと信じて…

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします