こんにちは。wonder boy です。

今回は、検索エンジンの仕組みとドメインについて説明をしていきます。
では、早速本題に入って行きましょう。

インデックスに至るまでの流れ

例えば、グーグルで「トレンドアフィリエイト」と
検索すると検索結果が出てきて、
トレンドアフィリエイトに関する何かしらのページがでてきますが、
これらのページというのは、グーグルにインデックスされているという状態です。

つまり、グーグルがあなたのサイトないし
その記事を認識しているという状態です。

このインデックスに至るまでには、以下のような流れがあります。

クローラーがデータを収集

グーグルのロボットだと思って頂ければいいですが、
そのクローラーと呼ばれるロボットがデータを集めてきます。

そして、その集めてきたデータが解析されます。
解析後、検索順位が決定されます。

大まかに言えば、上記のような流れでインデックスがされていきます。

クローラーの種類

クローラーは、ウェブ上をぐるぐると巡回している
ロボットだという説明をしましたが、クローラーにも3種類あります。

  • 新しいサイトがどんなサイトかを確認するためのクローラー
  • WEB上をパトロールしながら回っているクローラー
  • 自分のサイトに定期的にやってくるクローラー

の3つです。

定期的にクローラーが回ってくるのは、
ドメインを取得してから約3ヶ月後くらいかかります。
その間に定期的に記事を更新し、質の良いものを提供していれば、
クローラーの巡回の頻度が高まりサイトが強くなっていきます。

ドメイン

ドメインの種類

続いてドメインに関してです。ドメインの種類には、3種類あります。

新規ドメインと中古ドメインです。

新規ドメインは、ゼロからスタートしてして、作っていくもの。
中古ドメインに関しては過去に誰かによって使われていたドメインのことです。

以前は、ページランクといって、ドメインの強さを表すような指標
のようなものがあったのですが、すでに意味を成さないようなものになってしまっています。

また、中古ドメインに関しては、過去にペナルティを受けている
可能性もあるかもしれないですし(購入時にペナルティがあったかどうかはわからない)、
以前よりも力は落ちているようですのであまり使う意味はなくなってきています。

そして、3種類目が日本語ドメインです。

普通、ドメインといえば、私のブログを例にすると
https://wonderboy01.com
というふうに英文字の文字列なのですが、
日本語ドメインとは例えば、
http://ダイエット.jp
というふうに日本語が使用されているドメインのことです。

この日本語ドメインに関しては、特定商品の特化サイトを作ったり
する際に効果を発揮します。

今現在も力はあるので、物販サイトなどを構築しようと考えている人は、
日本語ドメインを取得してサイトを作ってみるといいと思います。
ただし、サイトアフィリの重鎮たちは、今後、日本語ドメインは弱くなるんじゃないかという懸念をしています。

なので今後も同じような強い効果を発揮し続けるかどうかは…曖昧な部分があります。

サブドメインとサブディレクトリ

では、最後にサブドメインとサブディレクトリについて説明をします。

サブドメイン

サブドメインとは、例えば、無料ブログここでは、sonetブログを例に取ります。
sonetブログを作成すると、ドメインは、
【 http://〇〇〇〇.blog.so-net.ne.jp 】

このような形になると思います。あるいは、FC2ブログであれば、
【 http://〇〇〇〇.fc2.com 】
のような形ですね。

このようなドメインをサブドメインというふうに呼びます。

サブディレクトリ

サブディレクトリとは、【 https://wonderboy01.com/affiliate 】
といったようなもので、トップのドメイン
https://wonderboy01.com/ の下にあるフォルダの事ですね。

とりあえず、この2つの用語はきちんと抑えておきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします