こんにちは。wonder boy です。

今回は、アマゾンで自己発送した商品の返品リクエストが
来た時の対応方法を解説していきたいと思います。

アマゾンで商品を販売していると商品が返品されるという
機会は必ず訪れます。

通常FBAの商品ならば全て返品・返金処理はAmazon.co.jp
が代行してくれます。

しかし、自己発送の商品は、セラーである僕たちが手続き等を
進めていかなければなりません。

初めて返品処理をするときはどのような手順で進めていけば
よいのかわからないと思います。

それほど、複雑ではないのでこれから説明してく手順通りに
やっていきましょう。

アマゾンで購入した商品を返品する方法については
こちらを参考にして下さい。

アマゾンの返品方法や送料について!ラベルの用意と電話番号のことも

では、さっそく本題に入っていきましょう。

自己発送商品の返品対応方法

まずは、購入者の方が返品リクエストをしていきます。

henpin2

このようにセラーセントラルのトップページの注文管理
の返品リクエストの数字が1というようになります。

では、返品リクエストというところをクリックしてみましょう。

henpin3

すると返品がリクエストされましたということで、
該当する注文番号や商品名が出てきます。

また返品理由が掲載されているのできちんと確認しましょう。

返品理由には、注文したものとは別のモノが届いた、
間違えて注文してしまったなど色々な理由があります。

都合により必要がなくなったという一瞬目を疑うかのような
返品理由もありますが、顧客を大切にするアマゾンですから
このような理由でも出品者の僕たちは受け入れないといけません。

さて、返品・返金に関しては
ポイントとなるのが購入者の都合なのか
それとも出品者に責任があるのか
という点です。

購入者都合であれば商品を送り返してもらう送料は
購入者の方に負担してもらいます。

出品者に責任があるならば、商品の金額だけでなく
購入者が返送する際に負担した送料もプラスして返金する必要があります。

では、返品の手続きを進めていきます。

『返品リクエストを承認』をクリックします。
その後、返送先の住所を入力する必要があります。

購入者の方に、出品者が返品リクエストを承認した旨の
メールが届き、商品を返送してきます。

商品が手元に届いた所で状態を確認し問題なければ
返金するという形になります。

返金方法

henpin4

返金については、返品管理から返金を実行をクリックすることで
返金ができます。

return2

返金を実行をクリックするとこのような画面が出てきます。

返金理由を選択し、購入者へのメッセージを記載し、
全額返金するをクリックします。

全額返金ではなく、一部の金額を返金していく場合は
『一部返金』のタブをクリックし、返金する金額を入力する
ようにしてください。

また注文管理から該当注文を検索し、
詳細画面から返金のボタンがあるのでそこから返金することも可能です。

返金が完了したら『返品リクエストを終了』クリックして
クローズしてしまいましょう。

その他

返品リクエストを承認しても商品が返送されて
こない場合というのがあります。

アマゾンでは、返品期間は30日間と決められているので
この日を超えても商品が返送されてこない場合は
こちらから返品リクエストを終了してしまって問題ありません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします