こんにちは。wonder boy です。

今回は、インターネットショッピングサイト
アマゾンで商品を購入した際の商品返品方法や
その他、送料、ラベルなどについて解説していきます。

アマゾンはあなたもご存知の通りアメリカの企業ですが、
創業当時から今も頑なに大切にしている2つの理念があります。

それが

地球上で最も豊富な品ぞろえ

地球上で最もお客様を大切にする企業である

という2つの理念です。

この理念の通り、お客様つまり購入者の方にとってはとても優しい企業なのです。

とても優しいとはどういうことなのか?

それは、返金や注文のキャンセルなども比較的柔軟に対応
してくれるということです。

というわけで、今回はアマゾンで購入した商品を
どのように返品したら良いのかについて解説していこうと思います。

それでは、本題に入っていきましょう。

アマゾンで購入した商品の返品の方法について

まずは、アマゾンのアカウントへとログインをしてください。

ログインしたら、右上の方にあるアカウントサービスから
注文履歴をクリックします。

returnedgoods1

あなたがアマゾンで注文した商品の履歴が出てきます。
検索窓に返品したい商品の名前を入力して検索するか、
下に画面をスクロールして返品したい商品を見つけてください。

returnedgoods2

返品したい商品が出てきたところで、画面右側にある
『商品の返品・交換』をクリックします。

※ちなみに返品・交換できるのは、注文して商品が
手元に届いてから30日以内にとなります。

いくら地球上で最も優しいとっても、1ヶ月~2ヶ月、1年前に
注文したものは返品はできません。

優しさにも限界があるのです。

returnedgoods3

今度はこのような画面に切り替わります。

返品したい商品に間違いがないか確認し、
問題なければレ点にチェックを入れ
次に進むをクリックします。

その際に

returnedgoods4

このように返品理由を選択し、コメントの入力が必須となります。
なぜ、あなたがこの商品を返品するのか、しなければならないのか
詳細を書き込んでください。

記入が終わったら次に進むをクリックします。

返送ラベルの印刷

returnedgoods5

次に返送ラベルを印刷します。
アマゾンの返品受付センターへ商品を送り返す
必要があります。

『返品用ラベルと返送手順を表示・印刷』
をクリックします。

returnedgoods6

このようにラベルには、返送先の住所と返品受付IDが
掲載されているため、返送先と書かれたモノは切り取って
商品の輸送箱に貼り付け、返品受付IDは商品と一緒に
箱に同梱します。

後は、郵便局なり、クロネコヤマトなどで商品を返送先住所に
送り返して終了となります。

アマゾン側での返品確認が出来次第、商品代金が返って来ます。

よくある質問

プリンターがないので、ラベルの印刷ができません

返品用ラベルのを自分のパソコンに落とし、
コンビニ等でプリントアウトするもしくは、
商品を購入した時に、輸送箱に入っていた納品書等の
バーコード部分を代用することも可能です。

また、返品受付センターに商品を送る場合には配送ラベルに
電話番号の
記入は必要ありません。

着払いでもいいの?

商品を送り返す場合は、元払いでも着払いでも
どちらでもOKです。

返送料については、購入者都合での返品の際には、
着払い送料は元の返金額から差し引かれることになります。

アマゾンの配送が原因で商品が傷ついたなどであれば、
着払いで送ってしまった方が楽だと思います。

何でも返品できるの?

食品などの一部を除いて返品は可能となっております。

しかし、当たり前ですが、同じ商品も100個とか
買って、全部返品するというような常識とはかけ離れた
ことをしようとすれば、難しいでしょうし、

仮にその際は返品できたとしてもあなたのアカウントが
目をつけられ、ブラックリストに入ってしまったり、
最悪の場合はアカウントの停止などの措置が取られて
しまうことがあります。

あまりに、横暴なことをしていると、
”あなた”にとって地球上で最も厳しい企業となりかねないので
気をつけておきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします