こんにちは。wonder boy です。

今回は、最近多くの方が触れている問題へスポットを当てていきます。
それは、ブログやサイトのスマホ表示が必須になったというものです。

ウェブマスターからの通達

ウェブマスターブログにて今年の2月26日にこのようなことが発表されたのです 。⇒Finding more mobile-friendly search results

スクリーンショット 2015-03-08 13.28.13

これに関しては、いよいよきたかという感じですね。 このブログDesign your life. も訪問してくれた方の7割以上がスマートフォンもし くはタブレットからアクセスしてくれています。 というわけで、もうスマホ表示を最適な状態にさせることは必要不可欠なわけです 。

さて、Googleから発表された内容をまとめておくと、そのサイトやブログがスマホ に最適化されているか(mobile friendliness)が検索結果に大きな影響力を与えるよ うになり、それは4月21日から全世界ではじまるというものです。

This change will affect mobile searches in all languages worldwide and will have a significant impact in our search results.

このセンテンスからGoogleの想いが伝わってくると同時にスマホ表示に対応 していないブログやサイト含めて大幅な検索順位変動が起きることが容易に 想像できます。 ちなみに2014年12月からGoogleは、モバイルフレンドリーのラベルを 導入しており、スマートフォンからサイト等にアクセスすると(下の画像に注目)

smartphone1

スマホに対応しているよ!という印が出ていますよね。まぁでも、SEO関係 者とかでない限りはこんなもん空気でしかなかったのですが…。サイトアフ ィリなんかをやっている人はいよいよ本気で考えないといけなくなってきま したね。

モバイルユーザビリティに問題があるとの通達

ちなみに、この発表から数日後、ウェブマスターツールからこのようなメー ルが来ました。

sonet2

ウェブマスターツールからのメールというと、嫌な過去を思い出します。
参照⇒グーグルから手動ペナルティー報告きたーーー!!!

今回のメールに関しては、さほどの問題はなく、大昔に作ったトレンドサイトなのでもう別にいいのですが、モバイルユーザビリティ上に問題があるとのことです。これがメインサイトなどかなり作りこんで大事に育ててきたサイトであるならば大変です。

早急に対応をしたいところですね。

自分のブログやサイトがスマホに対応しているかを確認

まずは、ネットビジネス系の方々は自分のメインサイトがモバイルフレンド リー
な状態かどうかを確認してみるといいと思います。
(ほとんどの場合はレ スポンシブ対応のテーマを使っていれば問題ないはずですが[多分])

モバイルフレンドリーテストをしてみよう

さて、Googleではモバイルフレンドリーテスト というツールを提 供してくれています。

ここでは、何かできるのかというと、分析したいサイ トやブログのURLを入力することで、サイトがモバイルフレンドリーな状 態であるかどうかを判断してくれます。 試しにこのサイトを分析します。

mobilefriendly-test

URLを貼り付けて右の分析ボタンをクリッ クします。問題ないようです。モバイルフレンドリーな状態です。

ウェブマスターツールで確認しよう

また、ウェブマスターツールのモバイルユーザビリティからサイトやブログ に影響を及ぼしているものがないか見つけることができます。試しにこのサ イトを調べてみましょう。

ウェブマスターツール⇒ 検索のトラフィック⇒ モバイルユーザビリティ で 確認が可能です。

スクリーンショット 2015-03-08 15.01.33

おっと1エラーという表示が出ました。僕のサイトの場合は、下層ページに 導入している会員サイトの一部フォームのフォントが小さすぎてユーザビリ ティエラーを受けてしまったようです。

これは改善しないといけないです。

ということで、スマホ表示最適化への流れは避けることができないものになりました。まずは、このような形であなたのブログやサイトがモバイルに適した状態になってい るかが診断できるようになっていますので、ぜひ試してみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします