子育て奮闘中!(汗)

【三国志覇道】新イベ龍躍雲津が始動!新11鯖は少しだけ異変の影が!?

こちらの記事は執筆途中となります。しばらくお待ち下さい。

こんにちは。アキです。

三国志覇道ですが、いよいよ新シーズンがスタートしました。

新長期イベントの名前は、『龍躍雲津(りゅうやくうんしん)』です。前回の神謀争覇は、外交ゲーと呼ばれておりましたが、基本この三国志覇道は常に外交ゲーでして、戦うべき相手を見定めるために、戦わない相手をしっかりと作っていくというのが重要になります。

不戦なんか結びたくねえ!!!ってことを特にランカーの人たちは思いがちですが、全ての軍団を敵にして勝ち残ることができる程甘いゲームではありません。

まだシーズンが始まったばかりの序盤ですから、現時点ではC城が解放されたばかりですし、お互いに手の探り合いといった感じでしょうか。

今回は、一旦長期ベント『龍躍雲津』のレギュレーションを確認しながら、少しだけ異変が起きそうな?予感のある新11サーバーの様子をお伝えしていこうと思います。

【三国志覇道】長期イベント龍躍雲津とは!?

みなさん龍躍雲津と聞いてパッと四字熟語が浮かび上がりましたかね?実際は、躍雲津ですが…。

雲の間を竜が駆け抜けて上がっていく様子から、優れた才能があることのたとえとして表現されます。

龍躍雲津のルールは至ってシンプル

今回の長期イベントも基本的なレギュレーションは、かなりシンプルなものとなっています。言ってみれば軍団ごとのランクマッチイベントですね。

実力が拮抗している軍団同士をグループ化して、その中で戦い合うといった感じ。サッカーだとわかりやすいですが、J1とJ2みたいな感じで所属しているリーグ(グループ)が分けられるので、ものすごく強い軍団が総合力でかなり劣っている軍団の城をぶん取るみたいな事ができなくなっていきます。

運営的には、「同じくらいの強さの軍団と戦ってほしい」という事なんでしょうね。

 

ランクは、このように全部で4つに分かれており、現在は全軍団がノーマルランクに所属。週ごとに占拠している城から得られたポイントによって順位が決定していきます。これはいつも通りですね。城の所有制限は8。

9月26日からブロンズに昇格していき、10月3日からA城が解放(*一部は10日から)されてシルバーに上がる軍団が出てくると、そして10月10日にSランク城が解放でゴールドランク解放といったスケジュールとなっており、洛陽の解放日は非公開となっています。

ゴールドランクの中にもSS城である洛陽は記載されていないので、洛陽を攻めることができる条件などもありそうですが(普通ならS城を持っている事)、まだ秘密という感じなんですかね。

昇格、降格時には城が自動で破棄されるということも説明がありました。だから、例えばシルバーで下邳、江陵、長沙みたいな感じでA城を持っていた場合は、ゴールドランクに上がった瞬間に城が破棄されてしまうと…。

ランク対象外の都市には攻城は仕掛けられない

対象以外の都市には攻城不可と書かれているので、例えばゴールドランクにいる場合は、S城とA都市6つの内のいずれかにしか攻城が挑めなくなります。今日はあんまり人集まんないからちょっとBでも行っとく?みたいなことができない他、友軍が敵軍に執拗に攻められているから、サポートするため城を譲渡して攻城を仕掛けるなどといったことも同一ランクにいなければ難しくなります。

現在は、上位軍団がC城を複数(MAXで8個)抑えている状況ですが、ブロンズに上がるのは30軍団までということで、あくまでポイントの獲得数順ですね。

城を持ってなくとも攻城をたくさんしている軍団は裏でポイントが貯まっていくロジックとかになっていて昇格になるんだろうか。

その他にも、普通ならばその都市のB城を持っていないと同一エリア内のA城は攻められないという縛りがありましたが、それは無くなっているのだろうか?

普通に考えれば、ゴールドに上がった瞬間に持っている城は破棄されてしまうので、ゴールドランク内だけで攻城できるA城であればそれが可能なんでしょう。

ランクマッチとはいえやはり外交は重要!?

ランクマッチになっているとはいえ、そのランク内に不戦や同盟軍団がたくさんいる軍団は基本的に有利になるでしょうから、結局のところイベントトップを狙っていくには最終的にゴールドランクに入る上位10軍団同士がお互いにどういった外交(どういった関係になっているのか)をしていたかというところで勝負が決まりそうな感じ。

特に上位ランクに上がれば、そこに仲間となる軍団は必ず必要になるかなと。

ランクが上がれば、それに対応する城の数も減ってしまうわけですから、手数を増やしまくって、ただでさえ限られた城をの数をガンガンぶん取っていくということを行えば、簡単に手のひらを返される可能性もあります。

どれだけ廃課金が集まった軍団であっても数の暴力には何もできないというのがこのゲームです。前回の長期イベントのように統一を達成する軍団が次々に各サーバで出てくるというのはあまりないかもしれないですね。

新11鯖に新12鯖から新たなる刺客が登場!?

前回の長期イベント神謀争覇ではポム・ジェルムが圧倒的な強さをみせつけた新11鯖。

現在の軍団総合ランキングがこのような感じとなっております。

「画像」

ポム・ジェルムそしてClarisといった2強に加えて、血盟騎士団【覇】、そして前シーズンの後半から突如いきなり現れた軍団龍虎奮迅とそのグループ軍団である阿頼耶識という軍団が上がって来ました。

ポムジェルムは、結局鯖移動はせず11鯖にステイとなった感じです。

そしてここに…!!!新たなる展開が起きはじめているようです。

元11鯖軍団は10鯖と11鯖にそれぞれ散った?

新シーズンに入り、元々新11鯖から新12鯖へ移動した軍団は、そのまま11鯖に戻ると思われていましたが、ドラゴン連合は10鯖へ、そして『ゆ~楽(朱雀花)』、『Raftel』グループからの派生軍団である『本格焼酎ちいかわ』の一部のメンバーは、10鯖へ移動したようですね。

尚、10鯖は全サーバーの中でも最も過疎化が起きてしまったサーバーとなってしまい、アクティブユーザーは1000人程しかいない模様です。(汗)悪く行ってしまえば、過疎ってしまって武闘派のプレイヤーからすると超つまらないでしょうが、プラスに考えれば育成を図るには非常に良い機会ですかね。

天賦875武将とかも登場してきていますから、都市の利権等でその武将の育成・星凸を進めたり、交易所をずっとキープして研究を進めたりと、来たるべき日に向けてアイテムも貯めまくるなどのことができますから、10鯖に移動してしまったという人はプラスに考えましょう。

進撃の咆哮メンバー数名が新11鯖へ

そして、ここで新たなる展開が起きてきました。

新12鯖で統一を果たした悪のカリスマ軍団進撃の咆哮から数名が新11鯖へやって来ているではありませんか!
進撃の咆哮と言えば、こちらの記事でも少し紹介した通り

 

新12鯖を最低のサーバーへと変えてしまった元凶軍団です。

彼らの統一は、いわば不戦詐欺によって達成されたものであり、正攻法でもぎ取ったというものではなく、それでありながら、粘着行為をひたすら続けるメンバーがいたり、全チャでの煽り・罵倒・誹謗中傷行為などなど、はっきり言って常軌を逸していて1位の軍団がやるべきことではありません。

新11鯖の全チャでも進撃の咆哮の団長のサブアカウント?が「ゆ~楽を潰しましたwww」みたいな不必要な発言をしたりなど、本来外してはいけないパーツまでが外れてしまっているような感じというかなんというか。

ゲームである以上どんな遊び方をしようが、それはプレイヤーの自由であることに違いはありませんが、この覇道というゲームをより良いものにしていこうと考えた時に、1位である軍団というのはそれ相応の立ち振舞というものが求められると僕は思っています。

1位の軍団がスポーツマンシップに乗っ取ったプレイをしていて、かっこいいからこそ、それに憧れて、戦ってみたいってなるし、憧れて1位の軍団に入りたいって思う人もいれば、こんなかっこいい軍団を自分で作ってみたい!って思って新軍団を立ち上げる人も出てきたりして、その鯖全体にいい循環が生まれていきます。

だが、進撃の咆哮には僕の判断だけど、それは無い。彼らはやりすぎた。そしてそのやり方はあまりに自分勝手な横暴そのものでした。

軍団まるごとではないにせよ、そのメンバー数名が新11鯖に来た!ということはつまり…ポム・ジェルムと戦うこと。これなんじゃないですかね???

どこの軍団のメンバーさんか忘れましたが、このような発言を全チャでされていまた。

「進撃だけは害悪!!!ここに来てはいけない!」

新11鯖で長らくプレイしてきた皆さん、気をつけて下さい。
あなたがどんな軍団に所属しているかによって11鯖の見え方というのは多少差があるとは思います。しかし、おそらく共通して『最低限の秩序は守られている』そう思っていますよね?

その秩序が崩壊されないようかつて敵同士だった軍団さんもお互いに歩み寄る時が来るかもしれませんよ。

龍虎奮迅・阿頼耶識グループへ参画へ

彼らの行き先は、龍虎・阿頼耶識G。

個人的にはいやぁ~よく引き取ったなというのがまず感想ですね。彼らを受け入れるということはつまり、どういうことなのか…軍団の幹部であれば、それはわかっているはず。。。

SNSでみんなと共有してね(^^)
【CTAエリア 準備中】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です