子育て奮闘中!(汗)

【三国志覇道】UR馬騰とUR公孫瓚が登場!おすすめ編成&評価

こんにちは。アキです。

いつもの如く記事は未完成です。ゆっくり書いていきますので、たまにみにきて下さい。

三国志覇道ですが、生放送にて新しいUR武将の発表がありました。
今回のURは馬騰(ばとう)と公孫瓚(こうそんさん)となりました。

千里行武将のSSR馬騰は、騎兵と横バフ武将として劉備の副将とかで使用していた人が多い武将ですかね?
交流でも出てこない武将でしたので、イベントでコツコツ友好ポイントを貯めて頑張って完凸させたという方も多いかと思います。

とある覇道プレーヤー
SSR馬騰をこの前完凸させたばかりなのに…もうUR登場なんて…ひ…ひどいよ!!!
運営さん
次はみんなが頑張って完凸させた張春華や陸抗をURにしちゃおっかなwww

その時を震えて待つが良い!フハハハハ!!!!!

とある覇道プレーヤー
や…やめろ~!!!!!

さて一方、もう一人のUR武将である公孫瓚は、SSRであればみなさんご存知の通り黄巾イベントで必須の武将となっておりました。戦法速度を上げて爆速で戦法を発動させ、要塞を殴って、破壊が完了したらものすごい高速スピードで自都市まで戻っていくというやつですよね。

あれを初めてみた時は、「なにこれ~!!!」とびっくりしたことを覚えています。

それがいよいよUR化ということで、一体どんな性能になって登場したのか気になるところです。

さっそくですが、ステータス等をみていくこととしましょう。

【三国志覇道】UR馬騰の能力・ステータス・技能


騎兵の天賦1000武将。

ステータスはまあこんなものでしょうといった感じ。UR的には少し物足らない感じですかね。ただ馬超を超えるステータスには設定上できないですから、まあこんなものでしょう。技能は、連騎、梟騎、雄烈、統制となっております。

新しい技能をチェックしていきましょう。まずは、連騎から。

連騎:副将の騎兵の連鎖率+2%。自身が主将の際、副将の騎兵が戦法を発動するたびに攻撃/防御/対物特効のうち1つを15%上昇(10秒)

『主将の際』とあるので開発的には馬騰を主将で使って欲しいのでしょうが、いかんせん馬超を頑張って星積み上げた!というプレイヤーが多い中でその馬超を副将にして馬騰を主将にしようという勇気はないのかなとも思います。

副将の連鎖率が+2%というこちらをうまく使っていきたい所ですよね。なので、副将に枠がなければ補佐に置いて騎馬部隊の連鎖率の底上げを図るという使い方もあり。

いつもの如く、星4とかになったら主将で使ってみても良いでしょう。続いて梟騎。

梟騎:部隊内の騎兵武将の人数×1%、部隊の攻撃、防御が上昇*レベル2:×2%:馬騰を星4にするとこの技能のレベルが2になります。

はい。騎兵で全部揃えましょうって事ですね。星4になると、レベル2になりMAXで攻撃・防御を10%上昇といった感じ。

この技能が星4でレベル2になるので、専用名宝の実装でガチャをもっと回してもらうと考えると、梟騎は確実に上げてくるのかなと。連騎と梟騎どちらもレベルが1上がるとかだとかなりガチャを回す人が増えそうな予感です。特に連騎の上昇%が増加する場合は、馬騰を主将で使わざるを得なくなってくる可能性もありますね。

どんな名宝になるのか楽しみです。

そして雄烈は、馬超の名宝でレベル2になったところに、馬騰を入れることでレベル3になり兵科相性が有利な敵部隊に対する与ダメージが+15%増加、被ダメージが-15%軽減できるということで10%から5%上乗せですね!これは素直に馬超使いとしたら嬉しいところ。

ただし『雄烈』は選ばれし課金者のみが到達できる境地完凸した場合のみ解放される技能です。よってほとんどのプレイヤーには関係なく馬超+兜名宝でレベル2が現状限界でしょう。

そういった意味でもやはり父さんの方は、馬超の副将に置いといて息子を縁の下から支えるって感じの使い方が主流となるでしょうね。馬騰父さん!息子の馬超さんは立派になりましたよ!!!

【三国志覇道】UR馬騰の戦法

鉄騎奔騰(てっきほんとう):自身を含む味方3部隊の攻撃、防御、対物特効をこの部隊の騎兵武将1人につき10%上昇(全て10秒)。効果対象が騎兵の場合、効果量が2倍になる:MAXでそれぞれ100%上昇。

25秒、効果系統なし連鎖順早いの戦法となっています。まさにバッファーとして利用して下さいみたいな感じの戦法ですね。連鎖順が早いですから、馬騰主将の場合、馬騰のバフが乗った状態で副将の戦法が発動します。SSR馬騰がレベルアップしてまさにURがその上位互換になったという感じ。

バフをバラまく専門部隊として利用する場合は、主将運用ですが、わかりやすく馬超の副将として利用されることが多いでしょうね。馬超を使っていないプレイヤーはいないというレベルですし、今回の馬騰は使いやすさは素晴らしいなと思います。

騎兵であれば100%上昇というバフを持っているからには、騎馬にバフが乗るようにしたいですし、全部騎馬で統一した馬単編成を作りたくなりますよね。
馬超との連鎖率がどのくらいになるかがキーポイントとなってきますが、35%くらいは普通にある感じですかね?

完凸して投合を持った馬超隊であれば、連鎖率は40%を超えてくるようです。よって馬超が完凸しているようであれば、馬騰の星も凸したくなりますね。馬親子で揃って完凸させて名宝も一緒にセットですかね。馬超と同じこの頭に被っている兜が名宝となるのでしょうか。

これで馬超の副将候補が、龐徳、劉備、関銀屏、趙雲そして今回の馬騰という感じで贅沢な感じとなってきました。

攻城で馬超隊に対物乗せたい場合は馬騰、劉備は副将に!(射程1.5に騎馬20秒戦法部隊を3つ持ってくる)、方向攻撃が欲しい場合、対部隊強めの編成とかは、テンプレとなっている龐徳を戻して使ったり、あくまで火力を出していくと考え縦バフ強化のため副将を関銀屏を使ってもう1枠を劉備にしたりなど用途に合わせて副将がコロコロ変わるのが、これからの馬超隊ですね。

UR馬騰のおすすめ編成

「編成画像1」
UR馬騰-UR劉備-UR馬超-補佐:SSR顔良-SSR文醜

運営さんのおすすめ編成がこちら。まず馬騰を主将にする場合は、馬超と星が同列もしくは超えた状態であるならば(馬騰星4で馬超は星ゼロとかの場合)使用するのがおすすめです。剛力を高めるために顔文コンビを持ってきたという感じですね。馬騰の能力を活かすために太史慈とかはアウトして顔文をインさせたのでしょう。顔文コンビをきっちりレベル60まで育ててあるなら使ってみても良いかなと。

*名宝実装で大きく変わる場合もあり

「編成画像2」
UR馬超(*完凸)-UR関銀屏-UR劉備-補佐:UR馬騰-UR孫策

馬超が完凸している方は、関銀屏-劉備というこの固定枠を外しづらいというのもあるかと思います。そこで、思い切って馬騰は星低いなら補佐で連鎖率を上げるための役割でいいやんという馬騰をモブ扱いした編成。完凸馬超の投合をレベルアップさせるために補佐に孫策も入れちゃいます。馬超が星1とかで馬騰星4とかなら勿体無いので、この編成はアウト。

「編成画像3」
UR馬超-UR馬騰-UR関銀屏-補佐:物理騎馬武将2名もしくはUR太史慈orUR甘寧+物理騎馬武将1名 *馬超の星4以上の人向け

馬騰を副将に持ってきた場合の編成。馬騰で対物バフ等の横バフをまきちらして、関銀屏は純粋に火力増し要員と考えました。この部隊を使う場合は、射程1.5に騎馬隊を3部隊置いて、射程1.0と2.0で前と後ろから騎馬隊にバフが乗るように設計します。

残り2部隊をどうするかが悩みどころとなりますが、まず劉備主将の部隊は必須で入れるようにして下さい。龐徳をずっと馬超の副将にしてきたという方は、曹操を物理で使ってそこの副将枠とかで使う感じになりますかね。


UR馬超(完凸)-UR馬騰-UR劉備-補佐:UR太史慈-UR孫策 *馬超が完凸している人向け

投合Vにして極限まで連鎖率を高めた攻城戦オールマイティ編成。馬騰の対物バフは騎馬にかかると100%上昇となるため、同じ射程に騎馬を3部隊並べたいところ。射程1.0or射程2.0から夏侯惇を使い射程1.5にいる騎馬にかかるように設定。


UR馬騰-UR馬超-UR龐徳-補佐:UR孫策-SSR徐晃(好きな物理騎馬2名)*馬超星ゼロ~星3、馬騰の星が馬超以上の方におすすめ

馬騰を主将に持ってきましたよ!組みやすい攻城戦、賊狩り等のオールマイティー編成。例えば馬超が星ゼロだけど、今回のガチャを回して馬騰は星4になったみたいな人は新規の鯖ですといらっしゃるかなと思います。そういった方ですと、馬超よりも星が積み上がった馬騰を主将で使いたいと思います。

そこで、馬超は副将にした比較的作りやすい編成を考えてみました。UR孫策とかも内政行きとなっていて使っていない人も多いですからステータス足しに利用、その他、SSRの徐晃もステータス高めの天賦900武将ですので、総合的な部隊のステータスは馬騰の星次第とは言え比較的高くなるかと思います。

「編成画像6」
UR劉備-UR馬騰-UR黄月英-補佐:SSR蔡琰-UR大喬  *馬騰の星ゼロ~星3の人向け

馬騰の貴重な対物バフを星が低いけどなんとか利用したい!という人向けの対物編成。UR劉備(持っていれば雌雄一対の剣を持たせる)と副将には対物の馬騰と黄月英を置き対物をバラ撒きます。補佐の蔡琰と大喬と主将の劉備で敏活4+名宝の雌雄一対の剣があれば敏活5にもできる編成となっています。

同じ射程に馬超を置いて、馬超より先に戦法を発動させたい場合は手動操作や、虎皮マント等を使って調整しましょう。この編成を利用する場合は、馬超隊は、関銀屏と龐徳で火力に特化すればOKです。今回URとして登場したUR公孫瓚部隊なんかも同じ射程に置いて使用するのもアリですね。

それでは、続いてUR公孫瓚のステータスをチェックしていきましょう。

【三国志覇道】UR公孫瓚の能力・ステータス・技能


騎兵の天賦1100として登場。物理型の武将ではあるので、統率、武力は比較的高めではあるものの天賦1100の中でも普通くらいかなといった感じ。
技能をみてみましょう。

騎射、先駆、監督、投合の4つ。新技能をチェックしていきます。

騎射:部隊の射程+0.5、さらに弓兵専用の装備品を装着可。自身が主将の際、弓兵の副将と補佐を兵科一致として兵力を決定する。

まず、この騎射ですが自動で射程が1.5になります。それでもって弓の武器が持てて、兵科一致もあり。弓の物理ってなると蜀だと黄忠ということになるので、副将で使って欲しいという運営からのメッセージ?でしょうか。まず感想としては、うん、おもしろい武将ですね。
補佐に公孫瓚を入れても、射程は1.5にできるというのがおもしろい所ですよね。

この公孫瓚登場により歩兵の射程1.5部隊というのが作れるようになりました。

基本的に射程1.5の真ん中の部隊にバフを集中させてダメージを出していくというのが現在の編成の主流ですから、例えば誰もやる人はいないでしょうが、諸葛亮主将の歩兵部隊に公孫瓚を入れて射程1.5にしてバフを集中させ、諸葛亮砲を狙うといった遊びもできてしまうわけですwww

いやぁ~おもしろい遊びがたくさんできそうですね!

真面目な話をしておくと、射程1.5の知力弓編成使いには、ちょっと使いづらいでしょうから、ぶっちゃけ知力弓を使っている方には、編成的には必要ないですよね。完全にいらないと思います。

ただ、いずれにしても編成の幅はこの射程0.5技能によって間違いなく広がっていくでしょうから、まず星ゼロの確保を目指すという感じでいいのではないでしょうか。

先駆:自部隊より機動の低い敵部隊からの通常攻撃・戦法による被ダメージ-10%*レベル2:-15%、おそらく名宝でレベル3解放となって追加効果が付きそうな感じ。

これも実戦で使ってみないと何とも言えないところがありますね。戦法が発動してからの機動アップで戦闘中に受けるダメージがかなり変わってくるのだろうか?この技能はおそらく名宝でレベル3にあげてくるでしょう。更なる追加効果もありそうな予感。

名宝による追加効果によっては人権武将となる可能性大!なんか皇甫嵩と同じ匂いがするのは僕だけでしょうか…

【三国志覇道】UR公孫瓚の戦法

白馬長史(はくばちょうし):自身を含む味方3部隊の機動、攻撃を100%上昇(10秒)、自身1部隊に穿撃(せんげき)を付与。対象を含む敵3部隊に300%攻撃(この部隊の騎兵または弓兵武将1人につき威力が20%上昇:つまり最大で+100%の計400%攻撃。*穿撃:通常攻撃、戦法によってダメージを与える際、全ての強化効果を無視してダメージを与える

UR公孫瓚の穿撃とは?

20秒の物理型戦法で連鎖順は普通となっています。20秒戦法という時点でまずGOOD!穿撃という効果が初登場ですね。

これはUR呂布の戦法にもある効果ですね。呂布も400%攻撃ですが、騎兵でしっかり部隊を揃えれば、呂布並のドカン攻撃、恐怖がないとは言えこれを20秒で放つことができるというのはシンプルに強いでしょう。UR荀彧の物理耐性を無視して攻撃できる感じであれば更に◎(たぶん無視できるはず)。

ただ射程だけがやっかいではありますが。

賊狩りとかであれば、戦法速度も速いですし、ガンガン使っていけますね。
また機動が100%上昇というのも面白いかなと思います。

UR公孫瓚が高速で動きまわるかも…しれない!?

実際に使ってみないとなんとも言えないところではありますが、攻城戦とかでS城やA城とかになってくると白線内遷都から要所、本丸までの距離ってけっこうあるので、その移動時間を短縮するのは持って来いのバフかなと思います。

一人必ずUR公孫瓚部隊を作って、『公孫瓚部隊だけ施設A→詰所A→指揮台A』みたいな感じ攻撃指示を出しておくと、攻城戦中大量の公孫瓚部隊が、超高速で要所間を移動してるみたいな笑える展開が起きそうな予感もします。蓋開けてみたら全然ダメって場合もあるけど笑。

UR公孫瓚は君主線で使える…かも

それから、これから始まる新イベントの君主戦。これは生放送を見た感じ、要所を2つ破壊→敵本陣を破壊という流れになっているので、このイベントでUR公孫瓚が生きてくるんじゃないですかね?その他思ったこととしては、神速闘技も月1のイベントになってますが、闘技陣も今回はトライアングル型になったりと距離がある程度ありますし、どうしても高機動が必要となってきてますから、それに合わせてこの公孫瓚を充ててきたというふうにも考えられます。

そしてSSRの時にあった戦法速度アップは無いので黄巾イベントには向いていないですね。ということで、SSRはしっかりロックして放流してしまわないように!

まあ、ここで黄巾イベント必須武将をUR化して出してしまうのは悪手ですから、星をたくさん積み上げられるのは一部の人だけですし、しっかりとSSRとURで棲み分けをした感じでしょう。運営さんのこのやり方はOK。

何にせよ、白馬高速機動隊が実現可能であれば、攻城戦は、もっと面白くなるのかなと。軍師を担当している人は、作戦にバリエーションが増えてすごく楽しくなるのでは?と思っています。メンテが終わったらぜひ色々試してみては?

それから20秒戦法の武将ということで、駐屯とかでも使用する人が出てきそうですね。駐屯だと張飛、馬超は絶対使いたいという中で、関羽まで利用すると蜀の枠がカツカツになり苦しくなってくるので、単純に関羽とかの副将枠でもいいかなと。

UR袁紹の伏線っぽい気も実はしていたりとか

今回のUR武将は二人共兵科が騎馬でしたが、なんとなくこれから環境がまた新時代になっていきそうな予感がしています。まだまだ皇甫嵩、周瑜によるハイパー知力部隊は猛威を振るってはいますが。

UR袁紹は間違いなく出すでしょうし、全くまだ能力とかはわからないですが、騎兵でかつ対物バフをバラまく武将だよね!絶対!そうすると、なんかUR袁紹と今回のUR公孫瓚がすごくシナジーを生み出すような予感がしています。

このまま知力弓全盛期は永遠に続かないと思っていて、全く使えなくなるということはないと思いますが、環境は変化していくと思います。とうのも、まもなくUR皇甫嵩は交流落ちします。つまり凸までの時間はかかれど、ハイパー知力編成は誰でも組めるようになっていきます。

となると、僕が運営なら環境に変化を起こして、物理タイプの武将を出してもガチャを回してもらえるようなマネタイズ手法を取ります。KOEIもそう考えるのでは?

個人的には、バフリレーというまだ僕が覇道を始める前の時代に使われていたタイプのデッキに戻っていくのではないかと。
で、UR袁紹は人権武将になりそうなんですよね。。。で、そのUR袁紹をもっと輝かせるには公孫瓚が必要とかになりそうな感じが勝手にしています。

UR公孫瓚のおすすめ編成

UR公孫瓚-UR龐徳-SSR夏侯覇-補佐:UR孫策-SSR夏侯惇

まずは、一旦運営さんおすすめの編成を見ていきます。この編成は、投合レベル4になるのですが、これは公孫瓚が完凸前提の編成となっていますので注意。なかなかこの編成は作れないですね(汗)いづれにしても、馬超や徐晃を完凸して投合を持った部隊の連鎖率を味わったプレイヤーは、投合があると別次元の武将になるなと感じていると思います。

今回の公孫瓚もそうでしょう。そりゃあ決して安くはないお金を突っ込んで星を積み上げるわけですからね。ちょっと次元が変わってもらわないとね。

この編成の通常攻撃の性能を上げつつ、夏侯覇で戦法威力を増加させるという考え方は◎ですかね。ただ、まあ公孫瓚の星ゼロの人がこれを素直に真似するのはだめです。


UR公孫瓚-UR黄忠-UR馬騰-補佐:物理弓&騎馬好きな武将2名

最新武将2名を贅沢に使った騎馬編成。馬騰で対物も乗せながら、黄忠の戦法威力アップ等を狙っていきます。

射程1.5となるので、1.0もしくは2.0に夏侯惇や孫堅、董卓等のバフが必ず入るように他の部隊を設計しましょう。
公孫瓉の戦法は20秒戦法ですから、どうしても他の部隊から対物をバフを貰ったりした状態で1回目の戦法を放つことができません。なので、2回目の戦法である40秒目が勝負といったところ。

2回目の戦法時にしっかりバフが乗っていれば、大ダメージを狙うことが可能となるでしょう。


UR公孫瓚-UR龐徳-UR趙雲-補佐:物理弓or物理騎馬好きな武将2名

「編成画像4」
UR関羽-UR公孫瓚-蜀の物理騎馬-補佐:物理騎馬2名

公孫瓚を副将運用したカツカツの蜀枠を埋めるための編成。すでに登場しているUR関羽がある程度星が積めている人は、こんな感じで蜀武将の副将枠(兵科一致的に関羽かなといった感じ:馬超には他の副将がいるので)に置いてあげるのがよいでしょう。


UR公孫瓉-UR孫尚香-UR黄忠-補佐:UR董卓-UR太史慈

脳筋公孫瓉編成。どちらかというと駐屯で使いたいような編成となっており、公孫瓉の副将候補でバチッとハマる武将がいない中、物理の脳筋がテーマで組んでいき連鎖律を加味するとこんな感じで落ち着くのではないかと思います。横バフ攻撃速度もある孫尚香、そして今の所弓で物理だとするとこの武将を置くしかないでしょという黄忠。

補佐にはせっかく公孫瓉を主将で使用するならということで、脳筋の弓二人を持ってきました。これで剛力を積むことができます。単純にステータスは高くなるかと思います。UR公孫瓉を使うならやっぱり射程1.5に騎馬を3部隊用意したいですね。

まとめ

今回のURは、皇甫嵩や周瑜、陸遜を使った知力編成が武将が足りなくて組めないと悩んでいる人には、良い武将なのかなと思います。

おそらくそういった状況であれば研究も騎馬を専攻しているでしょうし、騎馬隊の編成がより充実できるでしょうから超求賢の赤札を貯めているという人で騎馬ばかり使う人や圧倒的に騎馬に研究を特化している人とかは今回のガチャを回してみても良いかもしれないですね。

保険をかけるなら、専用名宝発売まで待つのがいつも通り一番良いでしょう。

SNSでみんなと共有してね(^^)
【CTAエリア 準備中】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です