こんにちは。wonder boyです。

今回は、Front end(フロントエンド)と
Back end(バックエンド)についてお教えしていきます。

前回紹介した、DRM、ダイレクト・レスポンス・マーケティング
を行っていく上で必ず知っておくべき考え方です。

がんばっていきましょう。

⇒ ダイレクトレスポンスマーケティングについてはこちら

では、さっそく本題に入って行きましょう。

フロントエンドとバックエンド

フロントエンド

まずは、フロントエンドについてです。

前提として、フロントエンドで
可能な限りの多くの見込み顧客を集め
バックエンドで利益を最大化
します。

大事なことなので、もう1度言っておきます。
フロントエンドでは、可能な限りの多くの見込み顧客を集めて
バックエンドで利益を出す。

とても大事な考え方ですからしっかりとおさえておいて下さいね。

そして、フロントエンドでは何かしら商品を売るのですが、
その売っていく商品のことをフロントエンド商品といいます。

簡単に言ってしまえば、フロントエンド商品とは
最初に売る商品のことです。

前回の記事を見て頂いているとわかると思うのですが、
DRMの3ステップの一つに集客というものがありますが
その集客を重視しているのが、フロントエンドです。

フロントエンドで大事な点

フロントエンドでは、
一つでも多くのリスト(メールアドレス)を獲得できるように
商品を決めていかなければなりません。

つまり、この段階で利益を望んではいけません。
あなたが、アフィリエイトをしていく場合、フロントエンド商品をアフィリエイトしていくことになります。

フロントエンドの商品というのは、
比較的安価なものが多いです。だいたい1万円~3万円程度です。

上ではアフィリエイトを例にお話しましたが、
せどりでの情報発信も同様です。

バックエンド

続いて、バックエンドについてです。

バックエンドでは、フロントエンド商品を購入してくれた人、
つまりは既存顧客に対して商品を売っていきます

当然ですが、フロントエンド商品を購入した人しか
基本的には、その商品は買うことができません。

ここで売る商品をバックエンド商品といいます。

バックエンドで売る商品というのは、
比較的高価なものが多いです。

10万円、30万円、50万円くらいのものが多かったりします。

フロントエンドでは、できる限りの見込み客を集めることに
フォーカスしていたのに対して、バックエンドでは、
質を重視します。

既存顧客に対してのアプローチになるため、
利益率が非常に高く80%とか90%になります。
ここで、利益を上げます。

ネットビジネス、アフィリエイトでもせどりでも良いですが
よくあるパターンが、無料オファーからの高額塾というのが典型的なパターンです。

まとめ

「フロントエンドで商品を売って、また高額の商品を売りつけるのかよ汚え」
のようにバックエンドを否定する方も時々見かけますが、
それはビジネスがわかってない証拠です。

ビジネスである以上利益をあげなければ倒産してしまいます。
民間企業が利益を求めることに必死になっていますが、
それは、当然のことです。

ネットビジネスもそれは同じです。
DRMをやっていく上で、フロントエンド、バックエンドの考え方は
非常に重要ですので必ず押さえておいてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします