こんにちは。 wonder boy です。

DXエボルドライバーがロジック通り高騰へ

先日、仮面ライダービルドの商品を例に自分なりの
プレ値ロジックを構築していこうというお話をしました。

【店舗せどりのやり方】商品を分析するために思考せよ!ビルドを例に

まだ読んでいないという方はぜひ読んでみて下さい。

さて今回触れていくDXエボルドライバーと
エボルトリガーですが、おもちゃを普段から仕入れている人であれば、
かなり仕込んでいた人も多いと思います。

DXエボルドライバーは去年の
仮面ライダーエグゼイドと同様のロジックがそのまま当てはまりました。

まずは、昨年の仮面ライダーエグゼイドの商品を
見てみようと思います。

仮面ライダーエグゼイド 変身ベルト DXバグルドライバー ですね。
そしてもう1つこちらが本命なのですが。

バグルドライバーツヴァイですね。

これら2つのドライバーがなぜ高騰したのか?

それをきちんと調べ考えていたせどらーからすれば、
今回のエボルドライバーの高騰は予測できたことでしょう。

ではエボルドライバーの価格推移等を見ていくこととします。


グラフを見るとわかってきますが、6月12日に9800円まで
価格が上がりましたが、発売されてから約1ヶ月でここまで上がってくるとは
素晴らしい商品ですね。

モノレートユーザーが極端に上昇することも何度もありましたが、
発売時から確信を持って回収していたせどらーは少ないかと思います。


しかし


トイザらスのセールの情報をきちんと掴んでいたせどらーは
今回攻めることができました。


というのも

セール内容がこんな感じだったからです。

もちろん、仮面ライダービルドが対象に含まれるということは
エボルドライバーも対象です。

wonder boywonder boy

3個持っていったら1個無料になる!って反則でしょ!

というわけで、トイザらスでかなりエボルドライバーを仕入れられた場合、
どうみても利益も出るし、即売りして更に買い足してということができたのです。

とあるトイザらスではエボルドライバーが売れすぎて
裏に隠していた店舗もあったみたいですね。笑

もちろん、このセールではエボルドライバー以外にも
色々美味しい商品はありました。

トイザらスは米国の大本の方が倒産しましたが、
今年は例年よりも少し作戦を変えて販売戦略を練ってくると思います。

セールの機会も例年より増えるかもしれないので、
注目しておきたいです。

さて、エボルドライバーを僕が最後に店舗で見かけたのは
6月中旬の某都道府県のドン・キホーテでした。

今もし売っているとしたら個人店などのマイナー店舗でしょう。
量販店はほぼ間違いなくありません。

5月中旬~下旬くらいは電脳でも数を集めることができたのですが、
そこから虎視眈々とこの展開を予測し回収していた方は素晴らしいとしか
いいようがありません。

そして、エボルドライバーと一緒に使用することで、
真の効果を発揮する、エボルトリガー。

エボルドライバーがプレ値になるのなら、エボルトリガーも
同じ道を歩むということは容易く予想できました。

現在の価格はこんな感じに。

これはもうとにかく安いところからガンガン回収する。
これにつきます。安い店舗は2000円以下で仕入れ可能でした。

エボルドライバーの高騰を見せつけられていた上での
発売でしたので、ガンガン行けましたね!

フルボトルもすごい

エボルドライバーと同時に発売されたフルボトルがありました。

それが、ラビット&ドランゴエボルボトルと
バットエンジンフルボトルです。

これも初回生産分だけで終了となったラビット&ドラゴンが
すぐにプレ値へとなりました。

ドンキは20%オフとかで仕込めたのでこれも美味かった商品でした。

限定生産のフルボトルはつい先日の映画のプレミアムチケットのおまけ
ゴールドラビット&シルバードラゴンのフルボトルのように
プレ値になることが多いですよね。

これは、ビルド以降の仮面ライダーも同様になるはずですので
ぜひ抑えておきたいところです。

そして多くの人が気になっているところですが、
ジーニアスフルボトルはどうなる?ってことですよね。

去年のエグゼイドを振り返ると、エグゼイドの最終フォームは
ゲーマドライバーに、ハイパームテキガシャットとマキシマムマイティガシャットの
2つのガシャットを使用して変身しました。

最終フォームってことは文字通り変身パターンの最終型なので
2つの道具を使って変身する場合は、子どもからすると
その2つがどっちも欲しくなります。

となると、品薄になるかどうかというのも予測しやすいのですが…。

僕は、ビルドも2つのボトルか何かを使用して最終フォームに
変身するのでは…と考えていたのですが…どうやら今のジーニアスフォームが
最終フォームのようで、こうなるとどうも予想がつけられないですね。

現状ランキングは申し分ない、定価3240円に対して
カートが2779円。

これは安い店舗なら2200~2400円で仕入れが可能です。
今動くのは時期尚早な気がしますが、3000円台に突入する兆しが
見えたらありかもしれないですね。

現状はまだ早すぎるかな。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします