こんにちは。wonder boy です。

トレンドサイトを運営していて月に10万円程度の報酬を
得られるようになったら、いつまでも自分で記事を書くのは
ナンセンスです。

どんどん自動化できる部分はしていこうというのが
僕の意見でもあります。

いや、別に好きな芸能人がいて、その特化サイトを
運営してて…という人は自分以外に記事を書かせるなんて
と思っているなら別ですが、普通は芸能記事とか好きで
書いている人はいないでしょう。

もちろん、ネットビジネスは副業としてやられている方が
大多数ですので記事をなかなか自分で書く時間がないという人も
いると思います。

そんな方も外注を使ってサイトの運営を進めてみてはいかが
でしょうか。ただし、外注を雇う場合には報酬を払う必要が
出てくるので、まずはキーワード選定等ができるようになってから
の方が個人的にはおすすめです。

では、記事を外注化する際に使っていくべきサイトを紹介します。

トレンドアフィリエイトで外注化する際に使うべきサイト

クラウドワークスもしくはランサーズ

記事を書いてくれる外注さんを募集するには、クラウドワークスという
サイトかもしくはランサーズというサイトを使っていきます。

僕の場合は、最終的にクラウドワークスしか利用しませんでしたが、
とりあえずどっちも使ってみて、募集をしてみるといいと思います。

個人的な感覚では、ことブログ記事の外注に関しては、
クラウドワークスの方が質が高いのかなと感じました。
ランサーズが質が低いと言っているわけではないので、
悪しからず。

なので、ここでは、クラウドワークスを使って
外注を募集する説明をしていきます。

ランサーズを利用していく場合もほとんど大差はありませんで
ご参考になるかと思います。

クラウドワークスを使った外注募集方法

cloudworks

クラウドワークスとは、株式会社クラウドワークスが運営する
クラウドソーシングサイトで、現在登録者は20万人を超えています。
(どうでもいいですが、アイコンの中に結構有名な方がいますね。)

特徴的なのは、システム利用料は、仕事を受注した人が払い
原則、発注者は払う必要がありません。また、無料のコピペ
チェックツールを利用できるので、書いていただいた記事を
添削する際に多少便利です。

もちろん、有料のコピペリンとかには及ばないですが。

アカウント作成

まずは、クラウドワークスのホームページに
アクセスし、アカウントの作成をします。

新規登録はこちら と書かれているところがあるので、
メールアドレスを入力して、会員登録をしていきます。

登録完了後、クラウドワークス社から以下のようなメールが届くので
確認するようにしてください。

gaichu1

 

中のURLをクリックして登録作業を進めます。

登録が終わったら再度クラウドワークスからメールが届きます。

gaichu2

では、実際に外注を募集してみましょう。

外注の募集方法

仕事の依頼内容の作成

gaichu3

クラウドワークスのトップページから新しい仕事を依頼をクリックします。

gaichu4

依頼する仕事内容を選択します。記事の作成であれば、
ライティング⇒ブログライティングを選択しておけば問題ないでしょう。

gaichu5

形式を選択します。プロジェクト、タスクとありますが、
基本はプロジェクトを選択する方が多いです。
タスクは、例えばドラマ記事10本などというように、
記事内容+本数も予め決めている場合適しています。

gaichu6

仕事内容について詳細を記入します。まず重要なのは、タイトルです。
タイトルのポイントは、どんな記事を書くのか?1記事あたりの報酬など
を一目見てわかるものにしておきましょう。

仕事を探している人は、まずはタイトルしか見ることができません。
アドセンス広告のようにクリックされなければ、申し込まれることはないので
どのようにしてクリックしてもらえるのかを考えてタイトルは決めるようにしてください。

gaichu7

予算と支払い方法を決定します。

支払い方式は固定報酬制を選ぶようにして下さい。

gaichu8

問題なければ、下の確認画面に進むというところをクリックして下さい。

gaichu9

この内容で登録するをクリックして完了です。

応募者が現れない時は

仕事を依頼しても実際に応募がないということもありえます。

そういう時は、実際に募集ページを見てみてください。
もちろん、有料のオプションを使って上位表示して応募者を集めている
仕事や、報酬が高くて応募者が多いものもあります。

しかし、オプションを使わずとも集まっている案件があったりするものです。
自分の案件には応募する者がいない、しかしなぜ、この案件は応募者が殺到するのか
を考えてみてはいかがでしょうか。

では、今回は以上になります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします