こんばんは。wonder boy です。

メールを読んでいただき有難う御座います。

いよいよ2018年も4月ですね。

ライン@の方では書いていたのですが、
実は3月中にインフルエンザにかかってしまい
寝込む日々が続きました。

高熱が出て点滴を打つもなかなかよくならず
熱が下がったと思えば、今度は咳がとまらず
そして数週かかり漸く全快と言ってもいいのかな?
くらいの状態に戻ってきました。

やはりは体は資本ですから、
あなたは是非大切にされて下さいね。

いっときは寝る間を惜しんで頑張るというのも
大事かもしれませんが、しっかり睡眠を取らないと
知らぬ間に体はダメージを蓄積していたりします。

ぜひ休息することも忘れずに。

さて、タイトルにもある通り
いよいよ僕は、個人事業主となりました。

今思えば、自分がこのように会社から独立して
働いていくなんて夢にも思いませんでした。

心の中で少しやってみたい!?と思いながらも
本当に自分にできるのか?大丈夫なのか?

いや、無理じゃないのか。

そんな感じで心の中の自分と葛藤が続きました。

僕は独立したい!という願望が強い方でも
なかったわけですが、同僚や仲間そして家族曰く
組織で働くのは向いてないと良く言われていました。

自分の考えがあるし、上からの命令もおかしいと
思えば聞かないし、最後まで徹底的に戦うじゃん!とかなどなど
飲み会の席では色々言われてきました。

確かに僕は人の好き嫌いはけっこう激しい方?なので
やっぱり大きな組織の一員となって働いていくっていうのは
向いていないのだと思います。

だからこそ、教育業界に入った後、自然と予備校講師という
職業になっていったのかとそう思います。

メルマガの1通目でも書いている通り
僕はかつて一つの校舎の運営・マネジメントを
担当する仕事をしていました。

数字を出すためにあれやこれやと色々試行錯誤していた
ということは、メルマガにも書きましたよね。

そう、あの当時どうしても許せないことが
あったのです。

僕がある学生の英語の質問に回答していたところ
上司から呼ばれ、何を言われるかと思ったら

「英語なんて”誰でもできる教科”なんだから
質問対応なんて他の奴(先生)にやらせておいて
お前は営業活動をしろ!」
と。

その瞬間でした。

今までこの上司に「申し訳ありません」と何度も頭を下げてきたり
ご機嫌取りをしてぺこぺこしてきた様子が走馬灯のように頭を駆け巡りました。

実は英語っていう教科は僕にとってすごく
思い入れのあるものなのですが、

それを、”誰でもできる教科なんだから”と言い放った
あの上司の一言。

僕は許せませんでした!

もうその時は、心の中でファイティングポーズですよね。
腕を構えてましたよ。

何で俺はこんな奴に頭を下げなきゃいけないんだ!!

そして数カ月後に僕は英語科専門の講師となって
この上司とはおさらばすることになるのです。

さて、話を戻すと僕はもう個人事業主になりました。

甘い世界ではないというのは重々承知しています。
しかし、自分が選んだ道なのだから
どこまでできるのかわかりませんが、
思いっきりやってやろうと今は思っています。

なんだか初心表明みたいな感じになってしまいましたが、
まあ良しとして、今回はこの辺にしておきたいと思います。

P.S.
せっかくなので、せどり情報も少し。

先日のトイザらスのファミリーセールを回っていて
店員の方と話してきたのですが、どうやら◯◯◯【メルマガ内でのみ公開】が
アツくなる可能性があるようです。

現在、〇〇◯が販売権利を持っていますが、
何やらその契約が切れるだとかなんだとか…。

確定事項?ではないようですが、確かに最近
品薄になってきてる感がありませんか?

ぜひ注目しておくと良いかと思います。

最後まで読んでいただき有難う御座いました!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします