こんにちは。wonder boy です。

今回は、仕入れ&テクニック編、仕入れについての
基本となる考え方についてお伝えしていきます。

せどりは仕入れたものを販売していくので、
仕入れがうまくいかなかったら高い利益を
出していくことは難しくなります。

ぜひ基本的な仕入れの考え方をおさえるようにして下さい。

仕入れやすい商品とは

仕入れがしやすい商品とはどのようなもの
なのでしょうか。

まずは、値段が安い商品というのがあげられるでしょう。
せどりの場合、売れていくモノを仕入れるのは当然ですが、
それでも少しは不良在庫が生まれてしまいます。

この時、仕入れたモノが108円であればリスクがないような
ものですが、10000円であれば状況が全く異なります。

これからせどりを始めていくという場合には、
値段の安いモノから仕入れてみるといいでしょう。

利益が出やすい商品とは

では、今度は利益が出やすい商品について考えてみましょう。

値段とう観点から見てみると、定価の安いモノと高いモノ
どちらが利益が出やすいしょうでしょうか?

答えは、定価の【高い】商品です。
なぜなら、定価が高いほど新品の値段と
中古の値段に差が生まれるからです。

仮に1000円の本が中古で100円なら
900円の差。

10000円のDVDが中古で1000円で売っているなら
9000の差といった具合です。

ここまでの内容をまとめておくと、仕入れしやすいモノ
は値段が安い、しかし、利益を出すためには定価が高い
商品程出やすいということになります。

せどりを始めたばかりは、本当に売れるのだろうか?
と思い、高額の商品を買うのに抵抗があるはずです。

ですから、まずは低額の商品から仕入れをしていき、
慣れてきたところで、徐々に高額商品を取り入れていく。
これが鉄則です。

まだ、モノレートなどグラフの見方の理解が不十分な
時に、高額商品を仕入れて不良在庫になってしまった。

こんなことにならないように気をつけて下さい。

在庫回転率について

せどりを始めたばかりの頃は、在庫回転率って
いう言葉もあまり理解できていないと思いますが、
非常に重要なことですので、きちんと理解するようにして下さい。

在庫回転率とは、その名の通り在庫がどれくらい回っているのか、
その期間内に商品がどれだけ売れるかを示す割合のことです。

在庫回転率は以下の数式で求めることができます。

在庫回転率=販売数÷在庫数×100

例えば、1日に10個商品が売れ、在庫は平均1000
あるとすると、1日の在庫回転率は、10÷1000×100=1(%)
1%ということになります。

実際に在庫回転率を計算するときには、一ヶ月単位で計算
していくと良いでしょう。

まとめ:適切な在庫回転率とは?

在庫回転率に関しては、これが正解という数字はないと
言われていますが、私の経験上、稼いでいる人は2%は
維持しているはずです。

ですから、あなたがこれからせどりをしていく場合には
指標として2%という数字を頭に入れておくと良いでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします