会社を辞めたい30代を迎える独身のあなたへ!ブログかせどりで稼げ


毎週日曜日の夕方。

「あ~明日も会社かぁ~行きたくねぇ~。」

こう思っているあなたに向けて書きます。

会社を辞めたい30代を迎える独身のあなたへ!ブログかせどりで稼げ

こんにちは。wonder boy です。

僕が大学生だった頃、就活をしていた2010年~2011年当時はリーマンショックのせいで内定を全くもらえない学生もたくさんいました。
しかし、今は売り手市場だなんて言われていますね。

全く羨ましい限りでもあります。だけど自分の生まれた時代を恨んでもしょうがありません。
過去は変えられないのです。

就活で苦労していた僕と同年代の人たちもいよいよ30代になりました。
30にもなると今後の自分の人生についてあれこれと考え始めます。

「俺は、本当にこのままでいいのかと。」

会社に行きたくない

僕が予備校で働いていた時代に校舎長をやっていた時、それはもう毎日嫌で嫌で仕方がありませんでした。

僕はそれまでの社会人生活の中で、数字を背負うというのをやったことがなくてはじめて数字というものの恐ろしさを知ることになるのです。

ダメダメ営業マン登場

校舎長というのは、その校舎全体の数字の責任を負うことになります。

予備校で言う数字とは、在籍する生徒の数です。

少子高齢化の時代ですから、どこの学習塾も生徒集めに躍起になっています。
かつて入塾テストなどをやっていた予備校などもテストを辞め、とにかく生徒数を集める。

これがミッションとなっている塾、予備校が多かったように思えます。

普通に良い授業だけやっていたら、生徒が勝手に集まってくる。
こんな風にヌルゲーのようにうまく行けばよいのですが、そう簡単ではありません。

一般的な塾や予備校の場合、春や夏、冬の講習に参加してもらって、そこから通常授業のコースに入会してもらうという形式になることが多いのですが、とりあえず講習だけ参加。

こういう生徒がめちゃくちゃ多いわけです。

生徒が講習に参加⇒親を呼んで一緒に面談⇒入塾へ

っていう流れを踏むのですが、ここで親を呼んで面談して入塾へ持っていくっていうのが難しいんですよ。

第一、普通に入塾したい生徒なら、講習の初日に申し込み用紙を渡して、次回の授業時にはもう持ってきます。
それを持ってこないんだから、はなから今回は入塾する気がないわけなんです。

それを営業トークで×から○にしなきゃいけない。
これは僕にとって至難の業でした。

毎回毎回、講習の度に高い目標を与えられ、その数字を目指して募集活動をするのですが、それが果てしなく大変。
そして数字を達成するために、明らかにウチに入っても成績が伸びる感じはしない学力がマッチしていない生徒を入塾させてしまったりと今思えばその生徒に申し訳ないこともしてきました。

数字が達成できなければ、上司から呼び出され、「てめえやる気あんのか?」と怒鳴られる日々。
宅訪といって講習に参加した生徒の家まで行って営業活動をしてこいと言われ、毎回毎回憂鬱でした。

だってもう入塾しないって言ってんだから、家行ったって迷惑なだけでしょ…。
あれはもう本当に辛かった。

家庭環境が複雑で、その子ども自身やる気がないような子だったんですが、数字のために入塾させ、結局授業料を何ヶ月も滞納されてしまい、「お金払って下さい」と頭を下げに行ったこともありました。

今思い出すだけでも気分がブルーになっていきます。

辞めたいけど収入がなくなる

会社を辞めたい。辞めたいけど、辞めたら収入が途絶え、生きていけなくなってしまう。
そう悩む方は多いことでしょう。

僕もそうでした。

多くの人は、そう考えて辞めるという決断に至ることができないと思います。

でも、あなたは本当にそこにいて楽しいですか?
あと何十年とその会社で働くのですか?

僕の答えは、NOでした。
でも会社を辞めるために新たな収入源を作る必要がありました。

副業のリサーチが始まる

新たな収入源を作るために、とにかくググりまくりました。

「副業 おすすめ」とか「サラリーマン 副業」とかで調べまくったり、
書店のビジネスコーナーで副業の雑誌を片っ端から手にとったりもしました。

とにかくいろんな情報を集めまくってまとめると、だいたい僕ができそうなおすすめの副業は、
「アドセンスブログ(トレンドアフィリエイト」か「せどり」のどちらかでした。

そこがせどり、ブログとの出会いでした。

*実際には、大学生の頃にヤフオクでアパレルを売ってお小遣いを稼いでいたりしたこともあったので、物販は昔からかじっていたんです。

その後、僕は会社を辞めて個人事業主となった

せどりを初めてからのことはまた別の機会に書くとして、僕はそこからせどりを始め数カ月後にトレンドアフィリエイトを始め、最終的には会社を完全に辞めて個人事業主となります。

あなたが僕と同じ年代30代くらいで更には独身ならば、今後の人生について色々と考えている頃だと思います。
僕から言えることは現状維持では何も変わらないということです。

何かを変えていかなければならない。

僕は会社に行くのが本当に嫌で、営業でも大した数字は出せませんでしたが、辞めると決断した時も今までボロカスに言われてきたから最後だけは絶対に数字を出してやる!と思って、最後の冬期講習は死に物狂いで結果を取りに行きました。

結果として所属エリアでの一位は取れませんでしたが、上位にランクインし(各校舎ごとの数字の達成グラフが会社には貼られます)、すっきりした気分で会社を退きました。

今日から動き出そう

今いる会社が嫌ならば転職するか、自分でビジネスをしていくかこの2択しか基本的にありません。

自分でビジネスって言われても…と普通はそうなると思います。

なので、僕が会社に所属しながらも副業をやってきた身として思うのは、やっぱりやるならせどりかトレンドブログのどちらかがおすすめです。

僕は両方に手を出してしまって進むペースが遅くなってしまいましたが、だいたい3ヶ月くらいあればうまくいけば月10万円は稼げるようになっていきます。

僕はせどり歴の方が長いので、せどり的な視点から言えばせどりはチートが可能です。せどりは基本的に商品ありきなので、この月もこの月もこの月も毎月月収数百万です、みたいなことって起こりにくい。

でも、たまたまメディアに紹介された商品で一気に品薄になったりする商品があった場合は、うまく回収できれば初月からいきなり10万円稼げます。もちろんそれ以上も可能です。

逆にブログならトレンドアフィリエイトなら、ドメインを強くするためにまずは記事を投下していかなければならないですし、旬のキーワードを使う分、自分が書きたくもない記事を書かなければならない時もあります。

自分がインフルエンサーのような存在になって有名ブロガーとして食っていくって考えるとSNSもうまく使いながらブログも同時に記事の更新をしていかなくてはならないので、これを普通の素人がやろうとするとまぁ最短でも1年くらいはかかってくると思います。

僕は、今サラリーマン、OLの人が副業でやるならせどりかトレンドアフィリエイトのどちらかだと思いますが、別にそれ以外のものでもよいと思います。

ネットには色々な情報が出回っているので、まずは調べてみて自分にできそうなものにチャレンジしてみると良いと思います。
過去の僕のように苦しんでいる人がいるのなら、言ってあげたいです。

無理してずっとそこの会社に所属する必要はありません。だけど、生きていくためには収入が必要です。
なので、まず動いて下さい。調べてみて下さい。

そこから全ては始まります。

読んでくれてありがとう!SNSでみんなと共有してね(^^)

【CTAエリア 準備中】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です