こんにちは。wonder boy です。

今年のクリスマス商戦で期待していた人も多いであろうアイテム、
マジョカパレットですが、いよいよ25日を超えて暴落への道を辿ることとなりました。

結論から言えば、僕はこのアイテム、本来はプレ値で終わるべき商品
だったのではないかと思っています。


しかし


蓋を開けてみれば、この始末です。
見たくもない今の価格を見ながら現実を直視したいと思います。

出品者348人、カート価格5598円。。。ちーん。。。

破滅への輪舞曲が流れてきました。

この商品僕は50個ほど回収し、40個は利益のある状態で
まくことができましたが、残りの10個は、捌くことができずじまいです。

今回どのようにしてマジョカパレットはこのような状態に陥って
しまったのか、考えていきたいと思います。

プレ値になるであろう異変はそもそもあった

このマジョカパレットですが、まずは昨年のクリスマス商戦を思い出してもらうと、
『ミラクルちゅーんず』のミラクルポッドが大化けしたという事実が存在していました。

そして、ミラクルちゅーんずは放送終了し、次の作品が
『マジマジョピュアーズ』なわけです。

昨年の動きを知っている人であれば、今年もマジマジョで何かしら
動きがあるのではないかと思っていた人も多いことでしょう。

そして動きが起きる

マジマジョは何かしら来る!そんな思いを抱えていたせどらーがいる中、
動きが起き始めました。

それがシオリのコスチュームの高騰です。

11月15日前後を皮切りにぐぐぐっと価格が上がり
1万円を超えることとなりました。

俗にいうフラグが立ったみたいな感じですよね。

シオリのコスがまず枯れて高騰する⇒シオリの関連アイテムも来るのでは!?

これがおもちゃせどりを経験しているせどらーが考える思考です。
そして高騰候補として挙がってきたのが、『マジョカパレット』なのです。

バイバイエメラルド付きを回収開始

このマジョカパレットには、初回特典のようなものが付属していました。

バイバイエメラルドという緑色のマジョカジュエルです。

僕は、シオリのコスが上がりはじめた時に、この商品は上がってくるだろうと予想していたので、
近隣店舗の価格を調査しながら、安いところからバイバイエメラルド付きの
ものだけ回収をはじめました。

このときは、ヤマダ電機もビックカメラも、ジョーシンも、
そしてもちろんトイザらスも在庫は余裕であったという感じです。

僕の住んでいる付近の都道府県で回収しているのは
おそらく僕だけだったのではないかと思います。

そこまでは、僕の計算通りでした。

モノレートユーザー増えまくり&店舗枯れまくりへ

そこからの展開はモノレートをみてもらえればなんとなくわかることでしょう。

まずは、せどりチームで情報が共有されたのでしょう、
モノレートユーザーが半端ない数へと膨れ上がりました。

そしてトイザらスオンラインが一気に枯れたことを皮切りに、
どんどん出品者が増えていきました。

12月1日は53人だった出品者が5日には150人を突破し、
11日には400人を突破しました。

ベイブレードのようなスーパー高回転でランキングも1ケタを
キープしているようなおもちゃなら話は別ですが、マジョカパレットですよ。

それが400人を超える出品者!
均衡を保てるわけがありません。

崩壊への道を辿ることとなりました。

増えすぎた情報発信者&情報共有チーム

2016年あたりからせどり系の情報発信者が一気に増えてきて、
情報を共有するようなラインチームが複数できています。

そして50人、100人、さらにはそれ以上に膨れ上がった人数が
集まっているチームもあります。

そんな多くのせどらーが集まっている場所で情報が広まれば、
商品が潰れてしまっても仕方がありません。

ここ2~3年は、特にリストをたくさん所有している情報発信者によって、
あるいは上述しているように大人数のチームにシェアされたことによって
商品が潰されるということが顕著になってきています。

来年以降もこの流れは続いていくでしょうから、
本当に気をつけていかなければならないなと感じています。

これに対抗するための手段は今のところ僕は2つくらいしか思い浮かびません。
前回のリカちゃんの記事では「負けない戦いをするためには」という話をしたと思います。

しかしそんなに甘い世界ではないのも事実。

勝たなければならない戦いがあるのも事実。

勝つために、勝ち残るために何が必要なのか。
それをしっかり考えておきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします