公庫に融資申し込んでみた!

【メンタル回復】落ち込んだりもしたけれど、ぼくは元気です【近況報告】

こんにちは。wonder boy です。

メンタル回復しました。
前回の記事の投稿から、かなり時間が経ってしまいました。

前回の記事を読まれていない方はこちらをどうぞ。

30歳をこえて初めて本気で泣きました【妻が流産】

公開でコメントいただいた方以外にも昔からビジネスでお世話になっていた方たち
からもラインをいただいたりなど、直接連絡をいただき心配をかけました。

ごめんなさい。

落ち込んだりもしたけれど、ぼくは元気で今やっています。

12月後半~1月前半はメンタルもやられていましたが、
もう回復しました。

久々ですので、近況報告もかねて文章を書いていきます。

久しぶりにガンガン文章を書いていますが、やっぱり楽しいですね。
日々の仕事でもキーボードを叩くことはありますが、血の通った文章を
書くのは、久々。

やっぱりいいものですね。

というわけで、まずはメンタルの回復方法について
書いていこうと思います。

あなたも普段の仕事とかで知らず知らずのうちに精神的ダメージが
蓄積されてはいませんか。

メンタルがやられていると、仕事では本領発揮とはならないですし
家では家族から心配され、一人暮らしの場合は、
話す相手がいないですから更に負の連鎖に…とかなりかねません。

僕は、今回妻の流産+クリスマス商戦が重なったことをきっかけに
体力的にも精神的にもダメージをかなり受けました。

そして、今後のことをゆっくり考えたりもしました。

現在は回復しましたが、年を開けて1月からやってみてこれはよかったなと
思ったことを紹介していこうと思います。

僕のやったメンタル回復方法

旅行にでかける(非日常を味わう)

ザ・定番という感じで申し訳ありませんが、かなりオススメです。

僕は1月に伊豆の星野リゾートに行ってきました。

『星野』の名前は有名ですが、一回もまだ行ったことはなかったですし、
同じ中部地方にもあるということで傷心旅行にピッタリの距離でした。

日常生活をしていたら受けることはないおもてなしを受けて、
普段食べることはほとんどない懐石料理のコースを食べ、
温泉にゆっくり浸かる。

これだけでもかなり回復できるかと思います。

トリュフとかクソ久しぶりに食べて、あ~うまい!と感じました。
普段は僕はカツ丼とかで大満足なわけですが、まー久しぶりに食うと、
フォアグラもトリュフもうまい!

うまいものを食べるとそれだけで顔が笑顔になります。

家族がいるのなら、パートナーや子どもたちの笑顔を見るだけで
心が回復していき、また頑張っていこうという気持ちが芽生えてきます。

ぜひ、非常を味わってみて下さい。

よく眠る(僕は8時間しっかり寝続けた)


これも定番ですかね。

とくにハードなビジネスマンの方ですと、普段はおそらく睡眠時間は
3時間~4時間半とかですよね。

僕も経験していたので、わかります。

6時間眠れたらいい方的な感じだと思います。

個人事業主も、まあ似たようなもんで物販で独立した方は生活リズムが
昼夜逆転してるなんて方も珍しくはありません。

普段から短い睡眠時間に慣れているとなかなか長い時間寝ろ!と言われたところで
寝れないですが、そういう方の場合は、夕方の時間に運動をすると良いです。

16時~17時くらいに適度な運動をすると、22時にはもうきつくなってきて、
ぐっすり眠れますよ。

映画を観る

当たり前ですが、せどらーであればアマゾンのプライム会員ですよね。

プライム会員の特典は数多くありますが、
アマゾンのプライムビデオを僕はあまり利用していませんでした。

プライム会員であれば大量の映画やアニメを観ることできます。

あんまり使ってなかったのですが、かなり有能ですねプライムビデオ。
名作と言われるやつから比較的最近のものまで課金せずともかなり楽しむことができます。

やはりいい映像作品を観ると、心が潤いますのでオススメです。

ここ2~3ヶ月はかなりプライムビデオで映画を観たので、
おすすめを1つ紹介しておきます。

ぶっちゃけ、少しネタバレが含まれるのでご注意下さい。

紹介するのは、「天使のくれた時間」という映画です。
ニコラス・ケイジが主演のこの映画。

この映画は人生で本当に大切なこととは何かを考えさせられる映画です。

僕のブログに遊びに来てくれる方は、優秀な方が多いでしょうから、
仕事に人生を捧げてきた、仕事に人生の大半を費やしてきた、
なんて人もいることだと思います。

映画の主人公のジャックは、ウォール街で働くエリートビジネスマンです。

学生時代に付き合っていた恋人を捨て、仕事を選んでその結果、
地位を手に入れ、金を手にし、ある種の成功を収めます。

そんな彼が、クリスマスのある日、目を覚ますと、どこかおかしい光景が広がっています。
目の前には、学生時代に別れた恋人が。そして子どもたちが。

そう、なぜかジャックは、その時の恋人ともし別れなかったら…
という世界に来てしまうのです。

パラレルワールドみたいな感じですね。

現実とは違う世界を生活していく中で、ジャックは自分の人生において
本当に大切なものはなんなのかを深く考えます。

そして出した答えは…。

ぜひ、観てみて下さい。

「人生を幸せにしてくれるものとは、幸せな人間関係である。」という結果を
導き出したハーバード大学の研究はあまりに有名ですよね。

あなたが30代~40代であれば今が一番油が乗っている時期ですよね。
責任のあるポジションで大きな仕事が舞い込んできます。

もちろん仕事に没頭するのも悪いことではありません。
結果を出せば評価されるだろうし、ボーナス・昇進の査定にもプラスになるかと思います。

だけど、そんな忙しい日々を送っているあなただからこそ、
「今、自分は自分の周りにいる人たちを大切にしていけるだろうか」
そう考えてみて下さい。

「ありがとう!」という感謝の気持ちを伝えられているだろうか。
一緒に笑ったり、時には泣いたり、そんなことができているだろうか。

今は、覚えていても明日、明後日、そして一週間経てば
もう忘れてしまっているでしょう。

なので、定期的に「自分の周りにいる人」を大切にできているか
ぜひ振り返ってみてはいかがでしょうか。

僕も今は、妻に「ありがとう」という言葉を意識して
伝えるようにしています。

好きなことを(趣味)に打ち込む

趣味に没頭するというのもおすすめです。

今回は、久しぶりにゲームにハマりました。

独立してからというもの、あんまりゲームや趣味に時間を注ぐってことを
やってこなかったので、久々の感覚でした。

とりあえず、アマゾンから刈り取って自分用にしていたネオンのスイッチを
半年ぶりくらいに起動させて、ひたすらパワプロで無双しました!笑

ドラフト一位で一年目からホームラン100本超えというとんでもない記録を
叩き出しました!

そして3日で飽きました!笑

次はどうぶつの森ですかね。
家から出ずにプレイしている人も多いみたいですね。

これからの僕のビジネス(せどり)スタイル

今回の妻の流産を契機に色々考えました。

特に、もう一度サラリーマンに戻った方が良いのではないか…と
真剣に考えました。

一応、教育系であれば予備校でながらく英語、国語を教えてきたので
まあぶっちゃけどこの予備校でも採用はしてもらえるはず。

で、ウェブサイトもいくらか作れるようになっているので、
ウェブマーケティング系の企業も色々学べるし、僕のやってきたことが
提供できそうだし…etc

で、まだ結論は出ていません。

ひとまず今の状態を続けていきますが、もう自分で朝から夜まで店舗を回りまくって…
みたいなせどりスタイルはやれません。

時としてやることもあるのかもしれないですが、
基本はほとんど電脳で仕入れるという感じになります。

PCの前に何時間も張り付いているってことも徐々にやめていかなければならないので、
僕が寝ている間や、他の作業をしている間に代わりにポチってくれるBOTを導入しました。

来月以降は、オムニセブンに対応したBOTを導入していこうかなと考えています。

とりあえず、プレミア商品はこいつがポチってくれるので、
僕は別の部分でマネタイズできる柱を作っていかないといけません。

今の所は、youtubeかプログラミング系、
もしくはこのブログをもう少し強くしていく感じで考えています。

全然更新できていなかったブログですが、アドセンスだけでも
このブログだけでも1諭吉は生み出してくれます。

たかが1諭吉かよ!

ってつっこまれるかもしれないですが、

ボッーとしてても寝てても1諭吉は手元に入ってくるというのが重要で、
極端な話、あとはこれを積み上げていくだけですよね。

というわけで、僕のワーキングスタイルは2020年かなり変化していきそうです。

今はコロナも東京の方でかなりの猛威を奮っていて大変ですが、
ぶっちゃけ時代の変革期に来ているのだと思います。

リモートワークが当たり前のようになっていき、
今までの常識はぶち壊れて新しいパラダイムが生まれます。

これについては、ワクワクしている自分がいるというのが本音です。

コロナで死ぬかもしれないのに、ワクワクとかふざけているのか!と
言われてしまうかもしれません。

いや違います。真剣です。

というかコロナで『命がかかっている』というのもわかっています。

でも

そもそも、最初から人生は命がけのものですよね。
僕は、それを去年のできごとで痛感しました。

今や超絶人気漫画となった鬼滅の刃の中の柱の一人である
炎柱の煉獄杏寿郎のセリフにこんな言葉があります。

「老いることも死ぬことも人間という儚い生き物の美しさだ。」

「老いるからこそ、死ぬからこそ、堪らなく愛おしく尊いのだ。」

まさにその通りだと思います。

人間、誰しもいつかは死んでしまいます。

しかし

いつ死ぬのかそれはわからない。要は常に命がけです。
だからこそ、毎日を一生懸命生きようとするんだと思います。

イタリアを始めとするヨーロッパ各国、そしてアメリカは、
大変な状況にあります。

もう国がボロボロになってきています。

たとえ日本がもし同じような状況になってしまったとしても、
絶望的な状況であればあるほど、日本は、日本人は高いメンタリティを発揮する
のではないかと思います。

戦後、どのように日本が復帰してきたのかを知れば、
それがわかると思います。

『時代のうねり』は、とめることはできません。
コロナがある程度収束してきたとき、あるいは共生できるようになった時、

今までの常識や固定観念はぶっ壊れて、
新しい時代へと強制的にシフトしてくことでしょう。

きっといい未来が待っている!そう信じて僕は自分にできることを
やっていこうと思います。

SNSでみんなと共有してね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です