こんにちは。wonder boy です。

今回は、SEO対策の中でも内部対策その中でも無料で出来る
適切なHTML文法に関して紹介します。

本題に入って行く前に、一つお伝えしておくことが
あります。

自分のメインサイト(資産サイト)を作っていく場合には、
ワードプレスを使うようにして下さい。

一般的に、長く運営するなら有料、短く運営するなら無料、
インデックスの速度も無料なら速い、有料のものは、最初は
遅いと言われています。

テストとして、あるいは、トレンドサイトの運営を初めて
やるから…という場合には、無料ブログを利用してみるのは
いいですが、資産サイトを作っていくには、
ワードプレスを使いましょう。

あなたが、ワードプレスを使うべき理由

ワードプレスのインストール方法

有料といっても、サーバーは、月1000円程度、
ドメインは1年で1000円程度ですので、
これくらいの投資はして下さい。こんな所で
ケチケチしないようにしましょう。

では、そろそろ本題に入って行きましょう。

正しいHTML文法を使おう

今回は、代表的なものを3つ紹介します。

アンカーリンク

アンカーリンクとは、〇〇のメルマガはこちら のような
リンクがあり、そこをクリックすると、メルマガの登録
ページにとんだりすることがあると思いますが、
そんな、文字つきのリンクのことです。

アンカーリンクを貼る際の注意点ですが、

  • 抽象的なアンカーリンクは控える
  • 内容と違うアンカーリンクはアウト(例:リンク先がサッカーの記事なのに、ヤフーのトップページに飛ぶ)
  • URLむき出しのリンク
  • リンク切れ(Broken Link Checkerを導入しておけば問題ありません)
    Broken Link Checkerについてはこちら

ターゲットブランク

ターゲットブランクとは、リンクを別窓で開かせるものです。

Design your lifeという文字テキストにリンクを貼り、
https://wonderboy01.comにとばしたい場合、

<a title=”Design your life” href=”https://wonderboy01.com”>Design your life</a>

HTMLでは、このような表記になります。
しかし、これでは同じウィンドウで開くことになってしまいます。

別窓で開く場合には、

<a title=”Design your life.” href=”https://wonderboy01.com” target=”_blank”>Design your life</a>

↑target=”_blank”というのが、加わっているのが
わかりますよね。これを入れることで、
別窓で開くことができます。

リンクを貼る際に、別窓で開かせることで、自分のサイトの
滞在時間を長くできます。
ターゲットブランクは、積極的に利用するようにして下さい。

ノーフォロータグ:被リンクを無効化させるタグ

記事内にやたらリンクを貼り付けている人がいますが、
それは、SEOのパワーを相手に与えているということ
になります。

リンク先にパワーを与えたくない場合には、ノーフォロータグ
を入れるようにして下さい。

例えば、僕のブログのトップページに、リンクを飛ばし、
その効果を無効化したい場合、

<a href=”https://wonderboy01.com” rel=”nofollow”>

↑ rel=”nofollow” が入っているのがわかりますね。
上記の様に、タグを入れることで、被リンク効果を
無効化できますので、ぜひ積極的に利用をして下さい。

ちなみに、内部リンク(自分の別記事にリンクを飛ばす際には
ノーフォロータグは入れないでくださいねw)

今回は、よく使う基本的なHTML文法を紹介しました。
上記で説明しなかったモノ以外に、HTML文法の
チェックツールを使って、正しいHTMLを使っているかを
調べる方法もあります。

上記で説明した方法と合わせてぜひ試してみて下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします