こんにちは。wonder boy です。

今回は、『電脳せどりとは?誰でもできるヤフオクの仕入れ方法を解説』
というテーマでお送りしていきます。

今まで、本せどりCD&DVDせどり、ゲームせどりのコンテンツの中
で仕入れ方法なども一部解説しましたが、それは実際に店舗に足を運んで
商品を仕入れていく場合のものです。

今回は店舗に行くせどりではありません。
では、そろそろ本題に入っていきましょう。

電脳せどりとは

電脳せどりとは、パソコンを使って商品を仕入れていくせどり手法のことです。

あなたがせどりをしたことがなければ、意味があまり良くわからないと思います。
僕自身も電脳せどりをする前は、ネットで仕入れて、ネットで売って儲かるわけないだろう
と思っていました。

でも、それが可能なんです。
それは、お店が変われば商品の値段は異なるわけです。
楽天とアマゾンを見ても値段は異なりますよね?
もちろん楽天からは大量に商品を仕入れられるわけではないですが…

とにかくあなたに知っておいて欲しいことは
インターネット上には数多くのお店があります。

ですから、商品の値段も店舗の数だけ変わってくるということです。

電脳せどりの仕入れ方法

電脳せどりでの仕入れ方法は、いくつか挙げられますが
基本はネットショップからの仕入れ、そしてヤフーオークション(ヤフオク)からの仕入れ
そしてアマゾンでの刈り取りの大きく3つくらいでしょう。

ネットショップで仕入れられるのは、先ほど言った通り
価格差が生まれるからですね。

そして、ヤフオクでの仕入れができる理由についても解説します。
ヤフオクでなぜ仕入れができるのか?

それは、アマゾンとヤフオクでは場に集まってくる顧客の層が
異なるからです。

ヤフオクに集まる層というのは、1円でもいいから安く買いたいという層です。
また落札した際には、出品者とのやり取りをしないといけません。

それが面倒なのです。面倒にも関わらずヤフオクを利用するのは、なぜか?
それは少しでも安く購入したいからです。

一方アマゾンは、少々値段は高くてもいいから安心感を求めている層が集まってきます。

ヤフオク:値段>安心感
アマゾン:値段<安心感

ということですね。

さらにヤフオクは商品を相場よりもかなり安く購入することが可能です。
なぜか?それは、出品者が一般の方という場合も多いです。

ですから、ただ不要品を売っていて儲けなど考えていないということも多いですし
またその商品の相場を知らない場合も多いです。

このような理由でヤフオクから商品を仕入れることができるわけです。

刈り取りとは

刈り取りというのは、とある商品を相場よりも安く出品している
出品者がいた場合、そのショップが出品している商品を買い取ってしまう
という手法です。

例えば、軒並み出品者は5000円で出品しているにもかかわらず
ある一人の出品者が2000円で商品を出品している場合
その2000円の商品を買ってしまい(刈り取って)
またアマゾンに出品しなおすというものです。

近年は、アマゾンマーケットプレイスの出品者はどんどん増えていますし
価格の付け方が甘い出品者の方も多いですからこのようなことが可能なのです。

逆にあなたが商品を出品する場合は、きちんと相場に合わせるようにして
あなたの商品が刈り取られるということがないようにしたいですね。

実践!電脳せどり

では、ここからは実際に商品を探してみようと思います。

まずは、ジャンルを絞ります。CDやDVDでもいいですし、
化粧品などもいいですしゲームなどもいいです。

おすすめは、ゲームです。さらに言うならゲーム機本体に絞っても良いでしょう。(アマゾン手数料が安い)

ジャンルをゲームで検索し、入札順に並び替えます。
そしてひたすらモノレートで対象となるかどうかを判断していきます。

セットで商品を出品している場合は、タイトルもチェックし
地道に調べていくことが肝心です。

とにかく調べまくる。これが肝心です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします