こんにちは。wonder boy です。

今回は、キャッシュフローについて
お話していこうと思います。

せどりを始めたばかりの頃は、高額の商品を仕入れたり、
あるいは商品を縦積み(同じ商品を大量に仕入れる)するのが
怖かったりするのですが、だんだん慣れてくると
10個や20個、そして50、60、さらに100個とか大量に仕入れたり
あるいは、1商品で5万円くらいするような商品でも仕入れることに対して
恐怖がなくなってきます。

最初は高額商品を買うことにマインドが耐えられないですが
仕入れにも慣れてくるとリミッターが外れはじめます。

そうすることで稼げる金額も増えてくるのですが、ここで
注意しておかなければならないのがキャッシュの流れ。

俗に言うキャッシュフローです。

副業でせどりをされているのであれば、本業の給料が振り込まれるので
それほど、キャッシュフローが圧迫されているのを感じないかもしれないですが、
仮に本業でせどりをされていくのであれば、キャッシュフローの悪化は
破滅への輪舞曲となりかねません。

キャッシュがなくなれば、まさにゲームオーバーとなってしまいます。
冗談でも笑われるような状況ではなくなってしまうので注意しておきましょう。

キャッシュフローの流れについて

せどりでの利益というと単純には

Amazonの入金額 − 仕入れ金額(経費等含む) = 利益

となりますね。

例えば、せどりをはじめた1ヶ月目であれば、ほとんどの場合は赤字からの
スタートになります。

入金額 30万 − 仕入れ 50万 = − 20万

↑上のような感じですね。

また、プライスターなどを使っている方でもデータ上
儲かっているようにみえても、実は仕入れ金の方が入金額より多くなり
カードの支払いができなくなってしまったというようなケースは良くあります。

実際に法人の場合でも在庫を抱えすぎてそれがキャッシュ化しておらず
黒字倒産になってしまったという例はいくらでもあります。

よくヤフオクに倒産品が出品されていたり、セカンドストリートのような
中古品を扱うショップに大量に同じ商品が棚に並んでいる場合がありますが
それは倒産品ですね。

法人でもそのようなことが起こるくらいなので、個人でやる場合も、もちろん同様です。

僕のクライアントさんの例(公開許可済み)になりますが
売上が500万円を超えて、「今月はかなり儲かった!」と思っていたのですが
次の月のカード支払いが回らずかなりまずい状態に陥った方がいらっしゃいました。

一般的に月に500売り上げるとなると、かなりの実力者だと言うことができると
思いますが、そういった売上を上げる方でもそのようなことを経験しているのです。

カードで仕入れた商品が購入後値下がりしてしまい損切りせずにいた
のが原因だったのですが、やはり入金<仕入れという状態が続くと危ないです。

なので、理想は アマゾンの入金額 > 仕入れ金額
の状態を作り上げていきましょう。

時として、どう見てもこれは今後値上がりするという商品があり
入金<仕入れ となる月も発生することもあるかもしれませんが、
それが何ヶ月も続く場合は、ビジネスの進め方事態を考えなくてはなりません。

売れる時期について

また、物が売れる時期についてもしっかりと考えておきましょう。

特に新品商品は、12月、1月はガンガンモノが売れます。
クリスマス、そしてお正月。

ボーナスやお年玉をもらって消費者がどんどんお金を使用します。

しかし、経験するとわかるのですが、2月はあまりモノが売れません。
物販の世界ではニッパチがきつい!とか言われていたりしますよね。

12,1月にたくさんお金を使った消費者は、
「先月いっぱいお金を使っちゃった!今月はおさえなくちゃ」
と、どうしてもなります。

この時期は、リアル店舗でも売上が落ちる時期ですから
例えば、そんなに資金がきつくないにもかかわらず、
あせって安売りしてしまったりすると最終的には損をしたりしてしまいます。

長々と話してきましたが、ぜひぜひ
適切なキャッシュフローを維持してビジネスを進めていきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします