こんにちは。wonder boy です。

今回は、せどりすとなどのツールを使っても
商品が見つけられない時どのように対処すれば
良いかについて解説していきます。

せどりをする場合は基本的にはあなたは
ツールを使っていると思いますが、
無料ツールの定番といえば
せどりすとやせどろいどですね。

ツールに関しては、こちらの記事でまとめてありますので
一度確認するようにして下さい。

ツールを使って検索する場合というのは、
JANなどのバーコードを読み取ってそれを
アマゾンのカタログと照らし合わせてランキングや
価格情報をツールがはじきだします。

ところが、アマゾンのカタログはもちろんアマゾン自身が
作成したものが大半ですが、独自に第三者(出品者)が
作成したカタログも多くあります。

そういった商品の場合、わざとJANコードを記載せずに
カタログを作成する方がいます。

カタログの作成方法についてはまた別の機会に触れる
こととしますが、基本的には商品のJANを記載する箇所が
あるのですが、必須ではありません。

なので、JANなしでもカタログは作成できるのです。

アマゾンのカタログにJANが登録されていなければ
ツールで読み取っても情報は出てこないですし、
さらにモノレートでJANコードを打ち込んでも
そのカタログは出てきません。

少し話を脱線してカタログについてもう少し
深く考えてみようと思います。

なぜ、JANコードをわざわざ入力せずにカタログを
作成すると思いますか?

実際に考えてみて下さいね。

考えましたか?

それは、ライバルを減らすためです。

つまり、JANを登録してしまったら
他のせどらーがツールを当てた際に
情報が読み取れてしまいますね。

もし、それがかなり利益の取れる
素敵な商品だったとしましょう。

そんな美味しい商品を他のライバルには
教えたくないですよね。

だからこそ、これはかなりの高等テクニックになりますが
敢えてJANを入力せずにカタログを作成するのです。

カタログ作成??みたいな感じでちんぷんかんぷん
になってしまっている人は、とりあえずここは
スルーしてしまってかまいません。

ちなみにJANを入力しなくても顧客の立場からしたら
全く問題なく、アマゾンのページでわざわざ買いたい商品の
JANを入力して検索する一般の消費者の方なんていません。

いたとしたらかなりの変わり者ですよね。

では、ここから本題に戻っていきます。

ツールをあててみて商品情報が出てこなかったら
商品名で検索をかけたり、あるいは、webで
「その商品名 Amazon(アマゾン)」みたいな
形で検索するようにして下さい。

そうすることで、アマゾンのカタログを見つける
ことができます。

アマゾンのカタログさえ発見できれば
ASINがわかりますので、そのASINを
モノレートに打ち込めば、売れ行きなども
判断することが可能です。

いずれにしても、ツールを使ってせどりをしている人は
多く、「商品が見つかりませんでした」という表示が
出た時はスルーしてしまっている人も多いですから
そういった他のせどらーが見逃した商品が実は
良いモノだったということも少なくありません。

ツールで出てこなかったからといって
スルーはしないようにしましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします