トレンドアフィリエイトの実践者が多く、アドセンスを利用する方も多くなっています。

しかしながら、アドセンスは、規約が非常に厳しい。何の通達もなく、アカウントがバンされるなんてこともあったりします。

 

理由がわかっていればいいのですが、わけもわからずアカウントが…なんてことになったら、辛すぎますね。

ここでは、アドセンスアカウントが剥奪されないために、守るべき事項について記載していきます。

 

NG画像例

アドセンスの規約違反で多いのが画像の使用です。では、どんな画像がNGになるのでしょうか。

芸能人の水着画像系

芸能人の水着画像を利用する人がいますが、AKBとかのを使っている人は多いですね。
これは、辞めておきましょう。

 

アダルト系

絶対NG です。アドセンスはアダルト要素に対してはとても厳しいので、
絶対に使わないようにしましょう。

 

ディズニー系

ディズニー系の著作権に対して厳しさは、有名ですね。
軽い気持ちで、◯ッキーの画像を貼り付けたら、容赦無い攻撃が
来ると思って下さいね。
この3系は、どれも規約違反になる確率大ですので、使用は控えておきましょう。

 

*私も、トレンドアフィリエイトは実際にやっていますが、芸能記事はもう一切書かなくなりました。

それでも、芸能人の画像を使いたい場合は、アマゾンアフィリの画像を使うといいです。

芸能記事の書きすぎで、規約違反になった、あるいは警告されたという人は、芸能系はやめて、

もっと長期的にアクセスのくるキーワードを狙って記事を書いていくことをおすすめします。

(芸能系は実践者も多いですし、サイトを量産したりすることもでてくるので、そんな

ことはやめて、自分の資産となるサイトを作っていくといいです。)

まとめ

アドセンスは、規約が厳しい。だからこそ、アクセスが稼げるからといって画像を
バンバン貼り付けていると、規約違反になる可能性が高い。

もちろん、目視によるチェックが入るので、ある人からしたらセーフなものでも、他の人
から見たらアウトになる、そんな可能性もあります。だから、明確な基準などはないですが
それでも、上に挙げた画像の類は、アウトになる確率大ですのでやめておきましょう。

追記

2014年、11月に初の手動ペナルティーをくらいました。

実際に行ったペナルティーと対処方法についてまとめました。

手動ペナルティーきたーーー!対処方法は

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします