こんにちは。wonder boyです。

今回は、ユーザーヒートの使い方についてお教えしていきます。

ユーザーヒートとは

ユーザヒートを使うことで、サイトを訪問した人がどこをクリックしたりだとか、どの記事を読んでいるかがわかるようになります。とても簡単に解析ができますので是非試してみてください。

公式サイトにアクセス

では、さっそく本題に入って行きましょう。まずは、ユーザーヒートにアクセスしてください。

capture-20140721-003314

アクセスできたら、ユーザー登録をクリックします。

ユーザー登録

userheat1

 

各フォームに従って入力していただいて、登録するをクリックします。

 

userheat2

先ほど、登録したメールアドレスにメールが届いているので確認して下さい。そちらに記載されている承認URLをクリックします。承認したら、ログインしていきましょう。

capture-20140721-183930

先ほど決めたメールアドレス、パスワードを入力し、ログインするをクリックします。

htmlタグの発行

capture-20140721-184242

 

ログインできたら、この画面が出てくるはずです。ここの1HTMLタグ発行をクリックします。

capture-20140721-185049

ここのスクリプトと書いてあるところを全てコピーして下さい。このスクリプトをあなたのブログにはり付けていきます。

タグの貼り付け

ワードプレスの管理画面から、外観、テーマ編集と進んで下さい。

capture-20140721-185643

開いたら、右側のフッターというところをクリックします。

 

capture-20140721-185838

クリックすると、上記画面のようにいろいろなコードが書かれた画面が出てきます。下にスクロールしていくと、</body>と書かれたところがあるはずですので、探して下さい。そこよりも上に、先ほどコピーしたコードを貼り付けます。完了したら、ファイルを更新をクリックして下さい。今度は、ユーザーヒートのページに戻りましょう。

解析結果の確認方法

capture-20140721-190705

解析結果の一覧をクリックしてみましょう。登録したばかりの頃は、このように、URLの部分がNO DATAという表示になってしまいますが、徐々にデータが集まってくると、Data AmountやTracking Resultsというところにも表示が出るようになっていきます。

訪問者分析、解析が容易に行えますのでぜひ、活用してみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします