ポレットカードに10万チャージ!使い方や使える店についても解説

こんにちは。wonder boy です。

ついに作りました。ポレットカード。
[br num=”1″]

ポレットカードに10万チャージ!使い方や使える店についても解説

あなたがせどらーであれば、電脳で商品を仕入れる際は、
ポイントサイトを経由するのが常となっていますよね。
[br num=”1″] せどらーであれば誰もが利用しているであろうハピタス。
[br num=”1″] もちろん、僕も利用していますが、
ポイントがガンガン貯まっても、例えばポイントを現金化しようとすると
月に3万ポイント=3万円分しか利用することはできません。

一般的な利用者であれば、そんなにガンガンポイントが貯まるはずもなく、
「3万円」と聞いただけでびっくりしてしまうかもしれないですが、
電脳せどらーは特殊です。

月に3万以上はハピタスポイントが貯まっていくでしょうし、
使い切ることもできません。

ハピタスは、複垢も厳しいですから安易に複垢に手を出すと
貯まったポイントがボッシュートとなります。

もうあまり思い出したくはない楽天の20万ポイントボッシュート事件。
あれの二の舞になってはいけません。

そのため、毎月3万円ずつ換金していたわけですが、
ポイントは貯まり続けていくし、どうにかならないかなぁ~と思って
色々と調べていたところあるカードに出会いました。

それが、「ポレット」というカードです。

ポレットカードとは!?

このポレットというカードですが、ポイントサイトに貯まっている
ポイントだけでなく、電子マネーカードに残っている残高や、
ビットフライヤーなどに置いてあるビットコインなども合算して利用する
ことが可能なのです。

年会費は無料ですし、チャージの時に0.5%の還元もあったりで
結構お得です。しかも、16歳以上なら使えるということで、
高校生になったお子さんのマネー教育にも良いかもしれません。

このカードへのチャージであれば、今の所上限がありません。
なので、例えば10万、20万くらいのハピタスポイントでもポレットになら
チャージが可能です。
[br num=”1″]

ポレットはどこで使えるのか!?

ポレットになら月額3万円という上限を無視して
ハピタスポイントがチャージ可能だということわかったと思いますが、
肝心なのは、ポレットはどこで決済可能なのかという点ですよね。

10万、20万チャージしても国内でほぼ使えないなら、
ゴミカードと同じです。

心配なかれ!というか上の画像でネタバレしてしまっていますが、
ポレットは、手っ取り早く言えば、VISAのプリペイドカードです。

なので、VISAのクレジットカードが使える店であれば基本的に問題なく使用可能です。
「VISA」ですから日本国内で買い物をする際には、よっぽどの個人商店などでは
ない限り、ほぼどこでも気にすることなく決済可能ですよね。

ポレットを使うためには

ここまで説明すれば、あなたがせどらーであれば、
ポレットは必需品といっても過言ではないと気づいたはずです。

ポレットからの回し者でも何でもないですが、
ぜひ発行されると良いと思います。

ポレットを使うためには、appstoreからアプリのダウンロードが
まず必要となります。

その後、初回のチャージをしてから専用のカードの申し込みが
可能となります。

おおまかなフローはこんな感じ。

カードを申し込んでだいたい2週間後くらいに
カードが届きました。

シンプルなブラックのプリペイドカードですね。
カードが届いたらアプリからアクティベートさせて利用可能となります。

ハピタスのポイントがけっこう貯まっているけど、
なかなかうまく消費できず困っているという方は、

ぜひポレットを使って、日常の買い物に利用したり、
自分へご褒美を買ってみたりてはいかがでしょうか。

月に3万円じゃちょっと足りないもんね。

チャージするなら今!

そしていま現在、10%増量のキャンペーンが
行われています。

ポイントが勝手に10%増えてくれる。
これはうまし!

チャージするなら今でしょ!

ポレットに10万チャージして実際に使ってみた

では、ここからは実際にポレットにハピタスポイントをチャージして
買い物をしてみたときの記録を残しておこうと思います。

上の画像は、もうチャージした後の画像なんですが、
チャージの仕方もとても簡単でアプリを立ち上げてトップページのところから
チャージしたいサイトをタップして金額を設定するだけです。
[br num=”1″] ただし、一つ注意事項があって、チャージしてからポレットの方に
残高が反映するまで約1時間程時間がかかります。

なので、予め大きな金額などを使う場合は先にチャージしておかないといけません。
注意しておきましょう。

すでに説明している通り、VISAのクレカが使える場所であれば、
どこでも使用可能なので基本、日本国内であれば使えなくて困るということはありません。

今回は、せっかく10万円チャージしたので、前々から欲しかった
ビデオカメラをヤマダ電機で購入してきました。

商品のレビューなどはまた別記事を作成したいと思います。







SNSでみんなと共有してね(^^)

【CTAエリア 準備中】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です