こんにちは。メリークリスマス wonder boy です。

クリスマス商戦2018、みなさんいかがでしたか。

僕はクリスマス商戦を数年前から経験していますが、
毎年毎年決まりきった動きをしないのが、このクリスマス商戦ですよね。

さて、クリスマス商戦の振り返りはまた別の記事に譲るとして、
今回はブラックフライデーで炸裂した商品についてご紹介していこうと思います。

ブラックフライデーといえば、皆さん何を思い浮かべますか?


そう!

  • モノレートユーザー半端ねえ!
  • 出品者急激増加
  • 止まらない価格の下落


  • この3大悪ですよね。


    そう、だから情報発信者は、こう言います。
    基本的にはブラックフライデーにはむやみに手を出すなと。

    僕もその通りだと思っています。
    しかし、こうも思うのです。

    真の実力者はブラックフライデーでもガンガン利益を出しているのだと。

    ブラックフライデーの苦い思い出

    忘れもしない2016年のブラックフライデー。

    某都道府県のトイザらスで僕のブラックフライデーは開幕をしました。
    その店舗にせどらーは、少なかったのですが、一人だけブラックフライデーの
    商品をわんさかとカートに詰め込んで会計しているせどらーがいました。

    一体何なの?この人と思いながらも、そんなにガンガン買うなら、
    3個くらい買ってみよ!と思い買ったこちらの商品。

    仕入れ値980円、見事大爆死!

    キーパの価格推移はこんな感じ。
    新品の青線グラフの落ち方がとんでもないですね!

    あの頃は僕も若かった。
    今だったら絶対に仕入れないだろうけど、こんな商品も仕入れてしまっていました。

    数年前の記憶だから曖昧だけど、あの時いたせどらーは軽く20~30個は買ってましたね。
    たぶん相当痛い思いをしたことかと思います。

    みなさんも注意が必要です。店舗とかでかごを山盛りにしているせどらーの
    全てが実力者なわけではないです。

    素人がモノレートを見て瞬間的に価格が上がっているだけの
    商品を山積みしているだけの場合もあります。

    僕のようにつられて変な商品を仕入れないようにしましょう。

    二年の時を経て僕は進化した

    あれから、二年の月日が流れ、僕も新品のせどりに力を入れて
    取り組んできて、数段あの時よりも進化できました。

    そして、満を持してのブラックフライデーがやってきました。

    僕が狙っていた商品はこちら。

    ここ数年クリスマス商戦を経験してきたせどらーの人なら
    知らない人もいないであろう、ソフィアのドレッサーです。

    このドレッサーは、クリスマス付近で値上がりしたという
    過去のデータもありましたし、かなり狙いの目の商品ではありましたが、
    なんせトイザらスの在庫が潤沢すぎます。

    しかし、ドレッサーだけあって、箱も大きくFBAに送り込む場合は大型商品になってしまうわけですが、
    ただ一つ非常に重要なポイントがこの商品にはありました。

    この商品は絶対にアマゾンが在庫を持つことはありえないのです。
    なぜならこの商品は店舗限定商品だから。

    つまり、ライバルが増えることはあっても、イオンや家電量販店には
    売っていない商品なわけです。

    そんなわけでブラックフライデーが始まると同時に、
    店舗の状況を確認しながらどんどん回収していきました。

    価格はブラックフライデーの期間だけはこの価格で購入が可能でした。

    そして、結果としてどうなったかというと…

    勝利!勝利!歓喜のプレ値!

    出品者一ケタは素晴らしい展開としか言いようがありません。

    出品者の増減をみてみると、マックスでも30前後くらい。
    この時にちょうど仕入れたせどらーたちが一斉に納品したのが
    丸わかりですね。

    でも、100人とかベイブレードみたいに400人超えたりはしないんです。
    なぜかって、ブラックフライデーの商品=地雷 という風潮がせどり業界に流れているし、
    大型商品=部屋のスペースを圧迫する=邪魔・面倒=仕入れたくない という方程式が成り立っているからです。

    だからこそ、そこにチャンスが生まれるのです。

    今年は、各ショップで例年以上にブラックフライデーセールと大々的にPOPを張り出して
    セールスしていたように感じますが、もちろんこのソフィアのドレッサーだけではなく、
    利益の出せる商品はいくつもあったように感じます。

    それをうまく掴んだ人たちは大きな利益を得たことでしょう。

    来年2019年のブラックフライデーはどうなるかわかりませんが、
    一つ言えることは利益の出るウマウマ商品は間違いなく出てくるということです。

    ブラックフライデー=地雷 と言われているから、完全にスルーしてしまっていたあなた。
    そのスルー、すごくもったいないかもしれないですよ。

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします