公庫に融資申し込んでみた!

【ネタバレ注意】進撃の巨人が最終回!エレンは死んだのか?そしてミカサは…

ついに進撃の巨人が最終回を迎えました。

僕はアニメ派でして、第一期の頃からずっと観てきたのですが、ついに完結ということで、今回はマガジンを手に取ってしまいました。

138話の最後の終わり方は衝撃的でしたよね。

ミカサがエレンの首を切って、その生首にキスをするという衝撃的シーンは忘れることができませんでした。

・エレンは死んだのか?

・世界は滅亡し、人類は完全に滅びるのか?

ダークファンタジーらしく、最後はバッドエンドで終わるのか…などなど色々な予想をされていた方がいたと思います。

さて、結末はどうなったのか…

そろそろネタバレスタートです。

進撃の巨人:最終話:あの丘の木に向かって

冒頭、アルミンとエレンの会話からスタート

どうしても僕をボコボコにしなきゃいけなかった理由って何?
お前たちを引き離すことに必死で…悪かった
それは、ミカサに言うべきだよ
あぁ…そうだよな

皆さんも覚えていますか?

アニメシーズン4の14話でエレン、アルミン、ミカサはテーブルに座り3人で話す機会を設けました。

そこで、エレンがミカサを一方的に罵るような発言をし、アルミンはブチギレてエレンに殴りかかります。

進撃の巨人

そこで二人で喧嘩になるのですが、あのアルミンが強いはずがなく、エレンにフルボッコにされてしまいます。

その後のストーリーでその場でエレンが言っていたことは、口からでまかせということがわかるのですが、進撃の巨人の力で見た未来のために二人を突き放すことにしたのでした。

すべては突き放した僕らを、エレンを討ち取り人類を滅亡から救った英雄に仕立て上げるため?
そうだ

暴走したエレン・イェーガーをアルミン達が倒せばどうなるでしょう?

そうです。アルミン達は憎きエレン・イェーガーを倒し、人類全ての恩人になります。

また地ならしで人類の8割を壊滅させることにもなるため、戦争もできません。
巨人が存在しない世界がやってくるというわけです。

ミカサがユミルを解放するトリガーとなる

始祖ユミルは愛の苦しみから解放してくれる誰かをずっと待ち続けていました。

そして、それを解放するトリガーとなるのがミカサです。
ミカサの選択する行動によって結果が変わってくるってことですね。

そして、138話では、ミカサはマフラーを捨ててエレンを忘れるという選択はせず、エレンをずっと愛しているって心に決め、そして彼の息の根を止めるという選択をしました。

オレもまだ…ミカサが何をするのかは…わからない

エレンは、こう言っていましたが、実はエレンはミカサがどんな行動をするかそれはわかっていたんじゃないでしょうか。エレンは首を切られる前に、確実に目が開いていました。何なら光っていました。

それは、「オレのことは忘れてくれ、マフラーは捨ててくれ」と酷いことを言ったにもかかわらず、結局ミカサは自分のことを忘れないでいてくれるってわかったのだから。マフラーを巻いてミカサが現れたあの時、エレンは相当嬉しかったんじゃないかな。

海へ向かうエレンとアルミン。

エレンはやっぱりミカサが大好きだった

それで、どう思っていたんよミカサのこと。

エレンをぶん殴るアルミン!

いいねぇ~いいパンチです。


↑この時は膝蹴りもくらってフルボッコにされましたからね。笑

ミカサの恋心を無下にしたことをどう思っているんだ!?命がけでずっとエレンのことを見てきたミカサに!?

エレンとミカサは一緒になって素敵な家庭を作ってくれ~、幸せになってくれぇ~っってどれだけの人が思ったことでしょうね。
意外とすぐに良い男が見つかってと言うアルミンの言葉についにエレンの本音が爆発します。

嫌だ!そんなの嫌だ!ミカサに男ができるなんて…!!!

ついに出た本音!これがお前の本音やんな!?エレン。

一生オレだけを想っていてほしい!!オレが死んだ後もしばらく…10年以上は引きずっててほしい!!

え!?…そ、そこまでかい!とつっこみたくなるシーンでした。アルミンすらも、そこまで想っていたとは!みたいな表情です。

今のはミカサに言わないでくれ…幸せになって欲しいんだ

いやぁ~わかるでエレンのその気持ち!と思いつつもさっきのセリフ、ミカサに聞かせてやりてぇ~!

どうにか他に道があるはずだから何とかならないか探そうと提案するアルミン。しかし、すでに多くの人々を死に至らせてしまったエレンが許されるわけがありません。

会話の記憶はなくなり、そして戦場へ

エレンはアルミンに、ここまでの会話の記憶を全て消すことを伝えます。

全てが終わったときに、また思い出すだろう…
エレン…ありがとう僕たちのために殺戮者になってくれて…この過ちは絶対無駄にしないと思う。

アルミンは全てをエレンから聞いていたんですね。

そして戦場の場面へと転換します。

巨人化していたアルミンが元の姿に戻っていきます。そしてあの時のエレンとの会話の記憶を思い出すアルミン。

そこにミカサが両手に何かを抱えこちらにやってきます。
ミカサの手には、エレンの首が。

やはりダークファンタジーです。もろに生首です。
泣き崩れるアルミン、エレンは死んでしまいました。

アルミンも記憶が戻ったんでしょ?エレンが私達に会いに来ていた時の

ミカサの所にもエレンは来ていたみたいですね。アルミンと同じように記憶が消された状態となっていましたが、エレンが死んだことにより思い出した様子。

巨人化していたライナーやファルコたちも、元の人間の姿に戻っていきます。
そう巨人はいなくなったのだ!

傷ついたリヴァイの所には、亡くなったエルヴィンやハンジやかつての仲間たちの
姿が幻影化して現れます。

彼らの死も無駄ではなかった。心臓に捧げよ!とあのポーズをキメるリヴァイ。色々と今までの戦いのことを振り返っている様子が伺えます。そして左目からは涙が。

あのクールなリヴァイの目に涙が!

コニーとジャンの元には、サシャの幻影が…とてもいい笑顔でよかった!

後にこの戦いは『天と地の戦い』と呼ばれます。

全員の巨人化が解かれ、マーレとエルディア側で言い合いが始まります。
そこに現れるアルミン。

アルミンは、あの時のエレンとの約束を果たすのです。

『進撃の巨人』エレン・イェーガーを殺した者です

しびれるぜアルミン!よく言うたったわ!

進撃の巨人は最初の方は読んでいたけど、途中から読むのを辞めてしまった…、アニメも途中までは観たけど…という人はまずは、シーズン4に至るまでのストーリーを把握しておきましょう!

U-NEXTであれば、31日間無料で映像が見放題です。もちろん進撃の巨人もあります!

かく言う僕もアニメはシーズン2まで観ていて、第3シーズンは、仕事が忙しくなってきた時期で全く観れていませんでした。なので、シーズン4が放送開始したタイミングで全ておさらいしましたw

期間内に解約すれば全く請求等は発生せず、全て無料で観ることができますので、気になる方はチェックしてみましょう。

エレンはみんなに世界を託した

3年の月日が流れました。

勝てば生きる、負ければ死ぬ。戦わなければ勝てない。戦え。戦え。

そう戦いは終わってはいないのです。しかし、巨人が支配していた世界をエレンが
駆逐してくれたのです。

「一匹残らず巨人は駆逐してやる!」

そう強く想いを持っていたエレンは見事に駆逐してみせました。
それでも尚、エルディアとそれを憎む世界との戦いは、どちらかが消え去るまで終わらないでしょう。

エレンはそう言ってました。そして行く末を残りの者たちに託したのです。

アルミン、ジャン、コニー、ライナー、アニ、ピークの姿が。彼らは、和平交渉に向かって動き出します。

オニャンコポン、ガビ、ファルコ、そして車椅子に乗ったリヴァイの姿も。

巨人がいなくなったとはいえ、いなくなった途端に全世界が一気に平和になっていくわけではありません。

現実世界でもそうです。

日本に生まれ育った僕たちは、常に死の恐怖と隣り合わせで生きているわけではありません。僕たち日本人は、世界から見たら圧倒的に恵まれています。

でも、遠く離れたとある国では、毎日のように争いが起き、若くして亡くなっていく人たちも大勢います。明日が当たり前のようにやってくる世界の中で生きてはいない人たちもいます。

では僕たちができることとは何なのでしょうか。

そんな難しいことは考えなくて良いのです。
世界をより良くしていくために、自分が今できることを一生懸命やる。貢献する。

これに尽きるのではないでしょうか。

エレンは自分の命と引き換えに巨人のいない世界を作ろうとしました。それがより良い世界になっていくと信じて。

もちろん僕たちは命を犠牲にする必要なんてありません。
命は大事。大切にしなければなりません。

学生なら今打ち込んでいるモノに全力で取り組んでみる。勉強だっていいし、スポーツだっていい、プログラミングとかなんでもいい。サラリーマンなら、まずは目の前の仕事を一所懸命頑張る。

自分が一生懸命取り組めば、世界はより良いモノになっていくと信じ、そこに向かってコミットするのです。

進撃の巨人という物語は終結へ


そして物語は最後の場面へ。

そこは、エレンがよく寝ていたあの大きな木がある場所です。

木の下の根本部分には一人の女性が。そうミカサです。首元にはエレンが巻いてくれたマフラーが!エレンが亡くなった後もミカサはマフラーを大事にしてきたんですね。

泣けるぞおい!本当にミカサがエレンを大切な存在だと想っていたんだなそう心から思わされました。

その横には、エレンのお墓が作られていました。

エレン…もうすぐみんなが会いに来るよ嬉しいでしょう?…また…あなたに…会いたい…

涙を流すミカサ。巻いてあるマフラーがほどけてしまい、少したれてきてしまいます。そう。簡単に忘れられるわけがないのです。ミカサはエレンのことが大好きだったのだから。

進撃の巨人

その時、エレンが憑依したかのような一羽の鳥がやってきてミカサの首元の巻いてあるマフラーのたれてしまっている部分を口にくわえて巻いてあげようとします。

エレン…マフラーを巻いてくれてありがとう…

そして鳥は大空に向かって自由を求めるかのように羽ばたいていきます。

この鳥がエレンなのかどうなのか。それをどう考えるかは、解釈は読者のあなたに任せますという感じですかね。

「そんなもの何度でも巻いてやる」っていうエレンのセリフを覚えてますか?もう二度とエレンがミカサにマフラーを巻いてあげるシーンは見れないと想っていましたが、最後に最後にやってくれたなという感じでして、涙が流れてみたいな人もいるんじゃないかと思います。

いやぁ~でもね、どうあなたが思うかどうかわかりませんが、僕はエレンだと思うんですよ。最後にミカサの願いを聞きにきたっていう感じ、わかりますか?

僕はそう思わざるを得ない。

死しても尚、二人を分かつ(別かつ)ことはできないっていう。ミカサがかわいそうっていう意見もネット上にはたくさん出てきそうですが、まぁそこはね。

ミカサに伝えてやりてぇよなぁ~、エレンがお前のこと大好きだって言ってたぞって。

進撃の巨人の最終回のアニメ放送はいつ?

シーズン4、ファイナルシーズンは第75話『天地』でもって一旦クールが終了しました。
そして、気になるにはその続きですよね。

ここまで来たらファンが満足するような最終回を描いてもらうしかないです!

現在の情報ですと、続きとなる第76話『断罪』は2021年の冬から放送決定とのことです。11月12月あたりからですかね。となると、ちょうど一年後くらいには、最終回が放送されているかなという感じでしょうか。

3月末でクールは終了になるのが基本ですから、2022年3月末に最終回話分が放送になるのかなと思います。

まだアニメを見たことがないと人は、冬から放送される第76話に向けて是非チェックしてみましょう。

U-NEXTであれば、31日間無料で映像が見れます。ファーストシーズンから一気に観ることができますよ!

最後にこの問いに対して答えを出しておきましょう。

紛れもなく、本物です。11年と7ヶ月間にも及ぶ連載、本当にお疲れさまでした!有難う御座いました!

SNSでみんなと共有してね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です