こんにちは。wonder boy です。

今回は、アマゾン(amazon)レンディングについて
説明していきたいと思います。

アマゾンレンディングに関しては、あなたが
副業でせどりをしているのならあまり関係のない話
なのですが、まぁこのようなサービスをアマゾンも
提供しているということを知っておくことは
悪いことではありません。

これから、説明していきますので
あ~なるほどね!アマゾンはこういうこもやってるんだ
というくらいで良いので覚えておくようにしましょう。

アマゾンレンディングとは

アマゾンレンディングとは、アマゾンがマーケットプレイスで
ある程度の販売実績を出している販売事業者に対して
短期運転資金を貸し出すサービスのことです。

貸すは英語でlend(レンド)

だからアマゾンレンディングという名前がついています。

このサービス数年前(2014年2月)から始まっていたようですが、
僕のところには案内がずっと来ていませんでした。

あなたもせどりを始めたばかりという状態であれば
このようなレンディングの案内は来ないでしょう。

僕も、もともと副業で2014年2月当時は売上は100万円前後を
行き来している状態でしたので、仕方がないかもしれません。

アマゾンのホームページにも記載がある通りサービスの対象となるのは
実績のある法人の販売事業者となっています。

”実績のある法人”となっていますが、僕は法人ではないですが
案内が来ていますので、登録名などに関わらず個人で副業でやられている方も、
また個人事業主の方も、法人登録している方も
アマゾンの審査基準に達した売上を出している店舗には
案内がいくのだと思います。

実際に融資を受ける際には、登記事項証明書などが
必要なようです。個人の方でサービスを受けたいと
思っている方は一度アマゾンに問い合わせてみるのが
良いかと思います。

貸付の利率や融資額などはコンピューターによって
計算されているので、そのロジックは不明ですが、
僕に初めて案内が来たのが月の売上で200万を超えた時でした。

その時の融資額等は後述します。

単に売上だけでなく、在庫の回転率など色々な観点から
計算されているとは思うので、一概に200万を超えたら
というわけでもないでしょう。

いづれにしても、融資の対象先候補となった場合は、
アマゾンのセラーセントラルに入ると
サイドバーのところにこのような表示が出ます。

lending

上記のような表示です。

金利、融資額も店舗によってそれぞれ異なると
思いますが、基本的に副業でやっていく方は
アマゾンレンディングのサービスは必要ありません。

また、本業でやられていく場合は、例えば5%台というのは
有り得ない(個人的に)数字ですので、やめておくことを
おすすめします。

これが1%台なら最高なんですけどね^^

まとめ

アマゾンは、レンディングという運転資金貸出
サービスを提供している。

しかしながら、副業でせどりをしていく場合は
このようなサービスは必要ない。

まずは、あなたが用意した資金を使って
商品を仕入れてどんどん売っていきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします