こんにちは。wonder boy です。

最近ニュースで見た報道で思うことがあったので
ここに書いておこうと思います。

電通の新入社員の女性が過労による自殺をしたという事件。
ここ連日ニュースで流れてきているので知らないという
人はいないでしょう。

この事件については、様々な意見が寄せられていて
とある大学の教授の方の「100時間ごときの残業で自殺とは情けない』
という類の発言で炎上したりとか、電通の公式ツイッターも事件の報道が
あるのに、botなのか?知らないが、普通にツイートをしていることで
炎上したりしている。

これから、就職活動を迎える大学生、そして来年の4月から新卒として
会社に入社する学生へ。

今回のこの電通の過労死の報道でもわかる通り
名のある有名企業も中小企業だろうと、おかしいことや
いい加減、適当、一見インチキにしか思えないことがたくさんあって
改善すべき点がたくさんある。

それが、日本の社会、もっと言ったら世界の社会全体の現状なんだ。

こんなことを言うと、会社に絶望を感じてしまうかもしれないけど
それを知った上で僕は、これから会社で働いて行くべきだと思う。

僕も数年前に大学生として就職活動をしていた身として
思うことがある。

それは、一流と呼ばれる企業に入ることで皆が皆幸せには
ならないということである。

電通に内定を貰えた学生全員が皆幸せにはならない。
それはもう言い切れる。

電通といえば、それはもう泣く子も黙る超一流企業だし
就活生からも超人気の広告代理店である。

当時は、ちょうどiphone3gsが出たくらいで
就活生がガラケーとスマホ(iphone)の2台持ちをする
という変な時代だった。

ちなみに僕はiphone3gsを発売日に手にしたが、あの時代は
まだガラケーが当たり前という感じで山手線に乗っても
iphoneを触っているのは、2~3人、下手したら僕だけみたいな
状況だった。

それが、今はもうスマホが当たり前!…時代の流れを感じます。

話を戻すと当時は、ツイッターを大学生たちがどんどん始めて
大学の垣根なくツイッターを通して学生が集まり、就活のグループが生まれたりしていた。

とくに、民放キー局や電博を始めとした広告代理店、あとは外資のコンサル・金融、
その他、三菱商事を始めとする総合商社といったいわゆる難関企業を希望する学生たちが
集まって面接の練習会を開いたり、ES(エントリーシート)の添削をしあったり
よくしていた。

僕の周りで、電博(電通&博報堂)を目指していた就活生が
どれだけいたか、そしてどれだけの人が面接を突破せず落ちてきたか。

僕の友人、そして就活を一緒に頑張っていた仲間が何人も
この広告代理店では働いている。(いた)

彼らの様子を見ている、聞いているとやはり『激務』であることに
間違いはない。

広告代理店だけではなく、上で挙げたいわゆる難関と呼ばれる
企業はほぼ例外なく『激務』である。

それを承知の上で自分の描いているライフスタイル・ワークスタイルと
マッチするのか、改めて考えて(いわゆる自己分析)企業を選択していくべきである。

かく言う僕も、正直就活をしているとき、『激務夜露死苦』的な考えでした。
就活を共にしていた仲間にも『オレ、激務がいいんだよね♪』的な感じで伝えていたと思う。

伝えていたというよりも、
確実のレモンサワーを飲みながら仲間たちに語った記憶がある。

人よりも多く働いていかなきゃ他人とは差をつけられないし、
やっぱり会社に入って活躍したいから激務よかかってこい的な…。

ところが、いざ社会人生活が始まって、激務を体験してみると
はじめてわかる。

『俺はこんなこと望んでなんかいない!!!』

帰りが、夜中の2時、3時が当たり前になって
それこそ、オフィスで自分ひとりだけが作業したりしていたと
いうことは、何度もあった。

「あー今すぐベッドに横になりたい」何度そう思ったことか。

夜遅くまで会社に残って仕事をしていることが
素晴らしいこと、ある種の美学のような風潮が僕のいた会社にはあったりしたが
それは全く間違ったことである。

亡くなった女性のツイッターを読んでみるとわかるのだけど
相当、追い込まれているし、朝の4時に帰宅したかのような記述が
何度もあったり休日返上で働いているのもわかる。

『毎日、次の日がくるのがこわくてねられない』

就活生のあなたは、もしかしたらこんなこと想像できないと思うかもしれないけど
実際に働いている人に聞いてみると、こういう瞬間を経験している人って多い気がする。

だからこそ、今、あなたが就活生であるならばきちんと考えるべきである。

『あなたにとって働くとは何なのか?』

そこの企業で働くこと=あなたの望んでいるライフスタイル(人生)に繋がっていくのかと。

もし、それでなければ例えどれだけ有名な会社であっても、
どれだけ高給取りであったとしても、例えどれだけ女の子から
モテる会社・仕事であったとしても

最終的にあなたの人生はハッピーじゃないものになる。

新卒入社というのは、基本的に1回しかないことだし
1社目の会社(辞めること前提w)というのは長い人生の中でも
かなり思い出になったりするから、いろんな会社を見て、業界をみて
自分の進む道を決めてみて下さい。

P.S.
学生の時の僕と同じく激務かかってこい的な思想をお持ちの学生のあなたへ

毎日睡眠時間3時間で1ヶ月過ごして見て下さい。
それを平気でこなしていけるなら、激務と対等していけるかも。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします