こんにちは。 wonder boy です。

ノーベル賞受賞おめでとう!!

ノーベル賞受賞で各テレビ局とかが、皆その
話題を放送していますね。

LEDのことあまり知りませんでした。

青色LED…素人には、あまり詳しくは
わからないですが、我々が普段
使用している、部屋の電気や、信号機
などにも使用されているんですね。

そーいえば、部屋のライトを買う時に、
LEDがオススメですよ!と言われて
買ったんでした。

ところで、こういうニュースの場合、受賞者
のこれまでの経歴がピックアップされたり、
各人がインタビューされたりするんですが
、受賞者の方の一人が、インタビューで
言っていたことが、印象に残っています。

インタビューを見て感じたこと

「LEDを実用化するまでに、何年もかかってしまった。
しかし、絶対できるものだと思っていた。」

まさに成功に向けてコミットしているわけですが、
今回は、そんなことを言いたいのではなく、

このインタビューをテレビで見たのですが、
僕はここであることを思いました。

それは、『苦労はいつか報われないということ』です。

苦労⇒報われる?

苦労したんだね、でもその苦労が
ようやく報われて、ノーベル賞受賞
という最高の結果になって返ってきたね。

と思っている人が多いかもしれないですが、
僕は違うと思っています。

それって苦労なの?

受賞したお三方は、苦労なんかしていないん
じゃないでしょうか?ただ、好きなことに
没頭していたんだと思います。

もっと、正確に言うなら、実用化できるまでの
長い道のりを、睡眠時間削ったり、時には、
食事を適当に済まして、研究に励んだ。
彼らは、この過程を楽しんだ。

しかし、この過程を、周囲にいる人たちが、
苦労していると勝手に勘違いしたんだと思います。

今回、受賞をされたお三方だけでなく、所謂、
成功している人達というのは、成功するまでに
格闘した日々を苦労しただなんて思っていないはずです。

僕たちは、言われ続けてきた

「苦労はいつか報われる」
このセリフをあなたは、学校の先生や、
親御さんに言われてきたかもしれません。

でも、その結果あなたは、どうでしょうか?

さらに言わせてもらうなら、そんなことを言っていた
大人たちは、今どうなっていますか?

いつか報われるというのは、建前で、心の奥底
では、どうせ報われないだろうなとか、思って
いた人もいるはずです。

「いつか報われる日が来るから!」
こう言われて、
自分はがんばってきた。そして、
今でも、そのセリフを曇ることなく信じている。
ならば、このまま進んで、苦労し続ければいいと思います。

でも、どうせ報われないとか思いながら、
苦労するんだったら、好きなことを見つけて、
それに没頭する人生を歩んだほうが絶対楽しい
と思いますよ。

好きなことをトコトンやりまくろう

僕は、英語の講師をしていますが、自分が英語が
できるなんて思ったことはないです。知らない単語なんて
たくさんありますし、自分が理想とする100%満足いく
授業なんて、できたことはないですし。

だから、常に勉強はしています。英語の教材も
より良いものにしていこうと校正を何度もかけて
います。それで、睡眠時間が減ろうが、別に構いません。
しかも、苦労だと思ったことは一度もありません。

知らない英単語、表現ががでてきたり、勉強する度に、
まだ、こんなに自分が知らない世界があるのかよと
わくわくしちゃうんですよね。

先生変態ですか?的なことを学生に言われて
しまったこともありますが笑

どうせ報われないないんだろうなと思いながら、
我慢して生きるよりも、好きなことに没頭できる
人生を歩みましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします