こんにちは。wonder boyです。

10月はハロウィン

10月になると、ハロウィンというイベントが行われますね。
ハロウィンが英語のHalloweenからきた
言葉だということくらいは、
多くの方が知っているかもしれないですが、

以外とそのイベントが何故始まったのかとか、
あの有名なカボチャのお化けの名前だったりを知らない人って多いと思います。

私も知らない事が多かったのですが、
小学生に英語の授業をやり始めてから、
ハロウィンに絡んだ授業をやりたいなぁと考えてからいろいろ調べました。

講師の方は、ほとんど私のブログって見ないですが、
一般の方でも参考になるように書いてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

では、さっそく本題に入って行きましょう。

ハロウィンの由来

ハロウィンの起源

ハロウィンって、10月31日に行われるお祭りのことですが、
まずは起源ですね。
起源は、古代ケルト人が行なったお祭りが由来となっています。

ケルト人とは

ケルト人っていうのは、インド/ヨーロッパ語族系の民族ですね。
この祭りでは、収穫を祝ったり、悪い霊を追い払ったりする
に行われていたようです。

現在では、アメリカ等では、そういった宗教的な要素はなく、
子供たちが仮装して隣近所の家にお菓子を貰いに行くイベントとしてみなされています。

カボチャのオバケの名前

jack-o-lantern  ←そして、よく見るこのお化け!名前がついています。
名前は、Jack-o’-lantern(ジャック・オー・ランタン)という名前で、
これは、普段は玄関に飾るものだということです。

何で飾るの?

玄関に飾ることで、何の意味があるのか?ただのおしゃれ?
んなまさかそんなわけありません。
これは、一種の魔除けの役割を果たしてくれるものなんですね。
日本では玄関先に飾ってあるところを見たことなんかないですよね。
海外では、結構当たり前なんだとか。

それから、子供達が言うセリフ「trick or treat」(トリック・オア・トリート)
には、『お菓子くれないといたづらしちゃうぞと』という意味があり、
近所の家をこの言葉を言いながら回っていくんですね。

ちなみにtrick(トリック)って聞くと、多くの人が手品の時のタネ的なものを
イメージしてしまいがちなんですが、そうではなくて『いたづら』っていう意味ですね。

トリックと言われるとどうしても…

ちなみに、私はトリックと言われると、

satan

↑これが一番最初にイメージされますね。分かる人はわかるかなw。
ちなみにtreatも言っておくと、『扱う』って動詞の意味で覚えている
人がほとんどですが、『おごる』っていう意味がありますからね。

まとめ

こういう季節的なイベントは、由来や意味を知った上で
楽しみが増えてきたりしますね。普通に仮装して、
みんなでわいわいやるのもいいのですが、
どうせ、楽しむなら他の人よりも、もっと楽しみましょう。

PS.
友人から聞いたのですが、もちろん海外のことですが、
ハロウィンの時期にトリック・オア・トリートと近所の家を
回っていた子どもが銃で撃たれたなんて事件があったそうです。

海外怖すぎ(汗)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします