こんにちは。wonder boy です。

今回は、車について。
愛車のRX8に異変が起きたのでここに記録を残しておきます。

今までのRX8についての記事はこちらです。

RX8のエンジンがかからなくなった!

12月前半、せどりの仕入れで店舗回りをしていた時に
それは起きました。

せどりって何?って人はこちらから
せどりとは?ブックオフで仕入れてAmazonで売って儲ける?

仕入れを終わって車に戻り
エンジンをかけようと思ったところ
トゥトゥトゥトゥ…
すぐに音が少し弱いなということに気づきました。

そして、アクセルを踏んで軽く吹かしたところ
アイドリングが安定したので、そのまま出発することにしました。

そこから、何度か同じような状態が起き、
アクセルを踏めば安定するものの
このままでは、まずいなぁ~と思い
ディーラーに即電話しみてもらうことに。

マツダのディーラーへ

マツダのディーラーに行くと、まずはリコールの案内で来ていた
部品の交換等もやらなきゃいけないよ~ということを言われ
1日車を預けることに。

ディーラーあてにならね~

1日経ち、車を受け取りに行ってきたのですが、
状態は治ったのか聞いてみると

『正直、原因がわかりません。』

とのこと。

コンピュータで診断するも、どこが悪いということは
わからず、ひとまずプラグを綺麗に掃除しておきましたので
そのまま乗って経過をみて下さいとのことでした。

僕は長らくマツダのディーラーに通っていますが、
店舗によってスタッフもまちまちですし
車、とりわけエイトのような繊細な車について熟知している
スタッフは少ないです。

以前も、エンジンがかかりにくかったとき
スターターがダメだとかわけのわからないことを言ったり
オイルの固さについても様々なタイプを説明してくれる
スタッフやメカニックもいれば、詳細な説明もせず
「〇〇〇〇な固さのオイル入れときました~」
という説明だけの方もいらっしゃいます。

なので、これからエイトを購入していつも車を診てもらうところは
しっかりと決めていった方がいいですね。

家の近くにあったから、なんていう理由で決めない方が良いです。

車が戻ってきたけど

車が戻ってきて数日は、同じような症状が出なかったのですが
また、エンジンがかかりにくくアクセルを踏んでふかさないと
安定しないようになりました。

このままでは、またいつエンジンがかからなくなるか
わからないし、12月のくそ忙しい時期に車が使えないと
かなりまずいことにもなるため、コンプレッションを測ることにしました。

コンプレッションの測定へ

とりあえず、ディーラーはてきとうなんで、
任せておけず、自分の車の状態を確認するため
ロータリーエンジンのコンプレッションを測ってもらうことにしました。

コンプレッションというのは、エイトに乗られている方なら
いわずもがなですが、ロータリーの圧縮値になります。

コンプレッションが落ちてくると、エンジンのアイドリングも
安定せず、最終的にはオーバーホール(エンジンの乗せ換え)になります。

僕のエイトはすでに10万キロを超えています。

ネットで調べてみると、すでに僕と同じ距離くらいで
乗せ換えをしたという記事を書いている人もいたので、
ディーラーの人は原因不明と言っていましたが、
個人的にはコンプレッション低下が問題なんじゃないかと思っていたのです。

コンプレッションの結果が出た

さて、そんなわけで初めてコンプレッションを測ってもらった
わけですが、結果が出たのでディーラーを訪問。

な、なんと僕の予想以上の答えが…。

エイトのロータリーの限界圧縮値が680kPaに対して
僕のエンジンの圧縮はこんな感じでした。

フロントローター:1室520、2室530、3室550
リヤローター:1室540、2室540、3室530

明らかに、限界値を下回っています。
もう完全にエンジンがダメですやん。。。泣

とりあえず、今は状態が良くなったので
普通に乗ることができるが、いつだめになってもおかしくはないとのこと。

そんなこんなで車は戻ってきたわけですが
戻ってきてからはというものの
すこぶる調子が良いのです。

さぁ、どこまで僕のエイトは持ちこたえることができるのか?
12月は年末商戦もあるので、何とか持ちこたえて欲しいです。

*そう、この時まだ僕はエイトの寿命がもう目の前に近づいていることを知る由もなかった。

To be continued.