こんにちは。wonder boy です。

最近映画を見れてないのですが、これは見ておきたいという映画がもうすぐ公開になりますね。それが、『バードマン』です。あらゆる批評家から絶賛の嵐となっており、アメリカはもちろん、いまや世界各地でもっとも話題といえる映画です。

ここでは、この驚異的な話題映画について、ネタバレやあらすじ、キャストや日本での公開日について、解説していきます!

もうすぐ公開になる映画こっちも見たい!
ドラゴンボールZ復活のFが公開決定!フリーザーの戦闘力は?

Sponsored Link

映画『バードマン』について

『バードマン』、正式名称『バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡)』は、2014年制作のアメリカ映画です。

ジャンルとしてはブラックコメディなのですが、深遠なストーリーと卓抜なる俳優陣の演技力に裏打ちされ、目下、あまたの批評家たちから大絶賛されています!
監督は、『バベル』で知られるアレハンドロ・ゴンザレス。そして主演はマイケル・キートン。とにかくこの映画、評価の高さが並大抵ではないのです!

ゴールデングローブ賞においては、最多である7部門にノミネートされ、うち2部門を受賞! さらに、アカデミー賞においても、最多である9部門にノミネートされています!日本でもアカデミー賞の様子はいろんな番組で放送されましたよね。

これだけでもたいした快挙ですが、まだまだ、こんなものではありません。「ローリング・ストーン」の「2014年の映画ベスト10」では第2位、さらにアメリカ映画協会の、「2014年のベスト映画トップ10」入りも果たしました!アメリカ以外でも評価はもちろんすごいです!

英国映画協会発行「サイト&サウンド」誌の「2014年の映画トップ20」では16位を記録!

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督への評価ももちろん高いですが、マイケル・キートンとエドワード・ノートンの演技力への評価も高いです。くわえて、エマニュエル・ルベツキの撮影技術への評価も。

他にも、脚本・音楽など、あらゆる点について絶賛に次ぐ絶賛!これは、本邦初公開が待ち遠しいところです。

映画『バードマン』のネタバレやあらすじ

さて、ここからは、ネタバレ記事です。知りたくない人はスルーして下さいね。

主人公の過去の栄光

落ち目のハリウッド俳優・リーガン・トムソンは、かつては『バードマン』という映画で主役のヒーローであるバードマンを演じ大人気を博した、超一流俳優でした。が、そんな彼は、不運にもそれ以降、めだったヒット作に恵まれることがなく、なんと、そのまま20年以上もの歳月が経過していたのです……。

やっぱり、ずっと第一線でいることは、難しいんですね。もちろん、1発ヒットを出すだけでも難しいといえば、難しいのでしょうが。

さて、大人気となったリーガンですが、現在では、もはや60代という老境。あの若かりし栄光はどこへ!

映画だけではなく家庭でも失意を味わっていた彼は、次第に追い詰められていきます……。そしてついに、「夢よもう一度」で、ブロードウェイ進出をめざすことになるのです。なんだか、ビリー・ワイルダー監督の『サンセット大通り』のような展開です。

もう1度輝いてやる!

リーガン・トムソンは、昔、レイモンド・カーヴァーの『愛について語るときに我々の語ること』がキッカケで、俳優を志したのでした。そこで、どうせブロードウェイでやるなら、この『愛について語るときに我々の語ること』を脚色してやってみようと決意。

演出と主演もみずからが務めることにしたのです。さっそく、仲間探しをし始めるリーガン・トムソン。まずは、親友の弁護士・ジェイクがプロダクションを担当してくれることになります。続いて、共演者にはリーガン・トムソンの恋人・ローラ、それから、レスリーが決まります。レスリーはブロードウェイ初出演という新人です。

最後に、自らの娘であるサムをアシスタントに迎え、準備は整いました。

そして、本公演の前のプレビュー公演が迫ってきます。しかし早くも自暴自棄に陥ってしまうリーガン・トムソン……。そんな中、俳優の降板によって、マイク・シャイナーという男が代役として登場します。マイク・シャイナーは才能はありますが人間性に問題があり、結果、公演はメチャクチャに……。はたして、本公演はどうなるのか!?

Sponsored Link

映画『バードマン』のキャストや日本での公開日

主演である、バードマンことリーガン・トムソンは、ご存知、マイケル・キートンです。しかし、それ以外の配役も、実力派がズラリと勢ぞろいしています!!

ブロードウェイの俳優・マイク・シャイナーは、エドワード・ノートン。 リーガン・トムソンの娘であるサム・トムソンは、エマ・ストーン。 他、『マルホランド・ドライブ』で知られるナオミ・ワッツなど、豪華出演陣!

これは、そうとう期待できそうですよね~! さて、アメリカでは2014年10月17日に公開された『バードマン』。そこで、とても気になるところである日本での公開なのですが、その注目の公開日は、半年遅れで2015年4月10日です!この日づけはくれぐれもお忘れのないよう、ご注意を!

まとめ

いやぁ~、ここまで、すべての面において、絶賛され尽くしたという映画は、過去において、稀でしたよね~。いったい、どれだけすばらしい映画なのでしょうか?まちがいなく21世紀を代表する映画のひとつとして記録と記憶に残りそうですね。これの本邦初公開を逃す手はありません!

4月10日は、ぜひ、お近くの映画館へ足を運ばれてはいかがでしょうか!?かくいう僕も、一日も早く劇場で見たいですね!
ぜひ、感想教えてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします